マジシャンの就職・求人募集状況

さまざまな就職の形

マジシャンとして活動するにあたっては、大きく分けると、芸能事務所のような会社に所属するケースと個人で仕事を行うケースがあります。

芸能事務所、あるいはイベントへの人材派遣会社などに所属すると、会社が本人に代わってマネジメントをしてくれるのが大きなメリットです。

飲食店やホテルへの営業活動を代行してくれたり、報酬の計算や振り込みをしてくれたりします。マジシャンの募集自体はそれほど多くはないので、自ら積極的に売り込んで所属させてもらうことが大切です。

個人で活動する場合は、個人事業主として単独で営業活動やショーへの出演を行います。特別な学歴や資格が必要なわけではないので、個人事業主の開業届さえ出せばいつでも事業を開始することは可能です。

また、マジックのショーを行うマジックバーというのもあるので、こうしたバーに就職することでコンスタントに出演の機会を手に入れることもできます。

マジックバーは都心に集中しているので、地方よりは都会で就職を探すと選択肢が広がるでしょう。

仕事のニーズは自分で作る

マジシャンという職業をめざす人が肝に銘じたほうがよいのは、仕事のニーズは自分で作り出すくらいの積極性が必要だということです。

世間には不況や消費税引き上げの波が押し寄せていますから、バブルのころのように各地でイベントやステージが頻繁に開かれていたり飲食店が大繁盛していたりテレビ番組に出演して高額のギャラがもらえたり…という状況ではありません。

受け身でいては、なかなか仕事が入ってこなくて収入もなくなるという苦しい状況に陥ってしまいます。

今の時代にマジシャンとして働くのであれば、たとえ求人募集がなくても自分から積極的に売り込みをして信頼や人気を勝ち取り、新たな仕事につなげていけるだけの情熱が欠かせないでしょう。