回答者:りんりんさん(女性/46歳)

職業名:秘書 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:3年

仕事内容
役員の方のお弁当の手配やレストランの予約、ホテルの宿泊の予約、タクシーの手配、スケジュールの管理などいろいろな手配や管理を行っていました。
また、来客の対応、電話やメールの応対や、書類の作成など総務が行うような内容も行っていました。
仕事のやりがい
いろいろな仕事がありマルチタスクに働くことができるのでやりがいがありました。1つの仕事をずっとやっていると飽きてきますし、レベルアップやスキルアップもあまり望めません。
自分で考えて率先して行う仕事が多いのでやっていても仕事をしているという実感があっていいです。
覚悟しておいた方がいいこと
担当する役員や上司の人柄、性格によって仕事が大きく左右されることが多いと思います。
神経質な上司、急に予定を変える上司などいろいろいますので、いかに振り回されずに仕事をしていくかということが重要です。
仕事関係の人と会うので同席する必要がある場合もあり、夜や休日に働くこともあるので、プライベートの時間が削られてしまうことを覚悟しておいたほうがいいです。
給料・待遇
会社の規模や、その人の能力によって給料や待遇は大きく変わってきます。同じ秘書の仕事でも大企業の重役につくのと、個人企業の社長秘書ではぜんぜんちがってきます。
ある程度しっかりした会社のほうが秘書に期待する仕事の質も量も多いので、それに見合った給料、待遇を得ることができることが多いです。
この職業の恋愛・結婚事情
普通の平社員が会えないような役職が高いポジションの人に会うことができるので、出会いの場は他の職種よりも多くて有利かもしれません。
結婚したら辞めなくてはいけない場合がほとんどなので、いい条件の相手を見つけて結婚、退職というパターンが多いです。
この職業を目指す人へのメッセージ
担当する上司によって仕事が左右されやすいので、もともと人の世話をするのが好きという人にはお勧めかもしれません。
いかに気遣いができるかが仕事をする上で大切になってくると思いますので、自ら進んで動いていく仕事をしていくといいでしょう。