「家政婦」とは

家政婦_画像

お客さまから依頼を受け、お客さまに代わって掃除・料理・洗濯などのさまざまな家事を行う。

家政婦とは、おもに個人のお客さまから依頼を受けて、お客さまに変わって家事を行う仕事です。

家政婦が担当する家事の業務は、掃除や片付け、料理、洗濯、買い物、留守番など、お客さまの要望に合わせて多岐にわたります。

近年は高齢化や夫婦共働きの核家族が増え、1日数時間だけ家政婦を雇いたいというニーズが増しており、需要が大きくなっている仕事です。

なるために特別な資格や学歴は必要なく、家政婦紹介所や家事代行サービスを手掛ける会社に登録することで、家政婦として働き始めることができます。

また、経験を積んで信頼を集めると、お客さまと直接契約を交わして専属で働く人もいます。

多くの人が1日に数時間程度働いており時給制で給料を得ていますが、住み込みの家政婦になると長時間勤務で夜間も拘束時間が発生することから、給料はやや高めとなっているようです。

「家政婦」の仕事紹介

家政婦の仕事内容

家族に変わって家事をする仕事

家政婦は昔ながらの仕事で、その家に住む人に変わって家事を行う仕事です。

大きな家やお屋敷で、住み込みで働いている家政婦さんをイメージする人も多いでしょう。

しかし近年は高齢化や夫婦共働きの核家族が増え、依頼を受けて一日数時間だけ家政婦さんを雇うという人も増え、需要が増えています。

家政婦は日常主生活で発生するさまざまな範囲の家事をこなします。

具体的な仕事は、家や庭の掃除、調理や食事の準備、洗濯やアイロンがけなど衣類の整理、買い物やクリーニングなど簡単な所用の代行、お年寄りの話し相手、留守番などです。

なかには親に代って子どもの相手をする人もいます。

特別な学歴や資格は必要なく、主婦でもできる仕事のため、近年人気を集めています。

家政婦の就職先・活躍の場

家政婦紹介所や家事代行サービス

家政婦は、もとは依頼主と直接契約をするのが一般的でしたが、近年では主に家政婦の紹介所や家事代行サービスに登録し、そこから各家庭に派遣されて仕事をします。

家政婦紹介所や家事代行サービスでは、登録した家政婦に対し、適性を調べたりさまざまな研修を行ったりして、お客様のニーズに合った方をマッチングし家政婦さんとして紹介します。

家政婦には、大きな家で一日中家事を行い住み込みで働く人から、一日数時間、自分に都合の合う時間や曜日だけ時給で働くもいて、働き方はさまざまです。

家政婦の1日

派遣される家によって変わる

家政婦の一日は、勤務する家や依頼内容によって大きく変わります。

ここでは複数の家を掛け持ちして働く家政婦を例にご紹介します。

09:00 お客様宅へ

09:15準備
身支度を整え本日の流れを、確認してから作業に移ります。

09:30 水回りの掃除
今回は水回りの掃除依頼がメイン、浴室やキッチンを中心に作業します。

11:00 リビングの掃除
お客様宅がフローリングか、カーペットかによって洗剤や掃除道具を変えます。

11:50 最終チェック・報告
作業のチェックと報告、次回のお伺い日時してお仕事は終了です。

12:30 休憩

14:00 次のお宅へ移動・作業開始
ここではお年寄りの身の回りの世話を行います。

15:00 買い物
お客さまから頼まれたものを買い物に行きます。

16:00 調理
お年寄りのいる家庭なので、味や硬さに気を使って調理します。

17:00 すべての作業終了・帰宅
すべての作業を終了したら、会社に報告をして帰宅します。

家政婦になるには

特別な学歴や資格は必要なし

家政婦として働くうえで特別な学歴や資格は必要ありません。

ただし、お金をもらってプロとして家事をするためには、家事が全く未経験では任せられません。

基本的に主婦(夫)として長く家事をこなしてきた方であれば問題なく仕事ができるため、女性でも働きやすいと人気を集めています。

家政婦になるためには家政婦紹介所に登録するのが一般的ですが、家事スキルが不安だという方は研修をしっかりと行う会社も多いので、そうした会社を選ぶようにしましょう。

家政婦の学校・学費

学歴は問われない

家政婦になるために学歴は問われません。

逆に言えば、誰でも家政婦になることができます。

ただし、家政婦は、一人暮らしの方や共働き世帯からの依頼による「留守の間の作業」も任されることがあるので、信用が第一の仕事です。

学歴は必要ありませんが、明るくて社交的な性格の人のほうが向いている傾向にあります。

また、どんな人とも親しみをもって接することができるホスピタリティや、一人でもしっかりと仕事をこなすことができる自律心も求められます。

家政婦の資格・試験の難易度

さまざまな資格を持っていると有利

家政婦になるために特別な資格は必要ありませんが、収納や料理、介護や育児に関する資格を持っていると、さまざまな場面で生かすことができます。

具体的には、整理収納アドバイザー、整理収納清掃(3S)コーディネーター、ハウスクリーニングアドバイザー、クリーニングインストラクター、栄養士・管理栄養士、調理師、介護ヘルパー資格、ベビーシッターなどです。

こうした資格を取得していれば、お客さまとのニーズもマッチングしやすく、技術を生かした仕事ができるでしょう。

家政婦の給料・年収

家政婦は平均的な給料

一般的な家政婦の平均月収は16万から20万円ほどと言われています。

会社にもよりますが、実働時間×時給という給料体系になっていることが多いです。

住み込みの家政婦の日給は18,000円ほど、平均月収は34万円ほどと言われています。

実働時間が長いということもありますが、夜間にも拘束時間があり、給料が発生しているので給料が高くなるのです。

住み込みの場合は、住居も用意してもらえるため人気がありますが、求人が少ないので狭き門となっています。

家政婦のやりがい、楽しさ

人に感謝される仕事

家政婦として働く一番の魅力は、人に感謝される仕事ができるという点です。

主婦(夫)として家事をする場合は、家事が当たり前の作業となってしまい、家族から感謝の言葉をもらえないこともままあります。

しかし、家政婦となって家事をした場合は、毎回作業をするたびにお客さまから「ありがとう」と感謝の言葉を頂くことができます

また、生活に密着した仕事なので、相手の役に立っているという実感が得られること、お客さまと親密な関係を築けることも魅力のひとつです。

家政婦のつらいこと、大変なこと

細かいところに気を使うハードな仕事

家政婦というと、家事をするだけの楽な仕事と思う方も多いかもしれません。

しかし、お客さまのお宅で行う家事は普段の家事と同じように行うわけではありません。

お客さまに喜んでいただくために、手抜きは許されませんし、お客さまによって依頼の要望はさまざまなので細かいところまで気を使わなければならないのが家政婦の大変なところです。

また家事は意外と力仕事も多いため、毎日毎日家事を繰り返すというのはなかなかハードな仕事でもあります。

家政婦に向いている人・適性

人のために働きたいという人

家政婦は、生活に密着した仕事のため、自分のしたことがダイレクトに人の役に立つ仕事です。

そのため「人のために働きたい」「誰かの役に立ちたい」という人にぴったりの仕事といえるでしょう。

また、気を使う仕事が多いことや、お客さまの些細な変化や要望を聞きだす力が求められることから、細かいところまで気遣いができる人が向いているといえるでしょう。

逆に、大雑把な人は、細かな仕事が苦手という人は、家政婦には向いていないかもしれません。

家政婦志望動機・目指すきっかけ

家事の経験を活かしたい

家政婦を目指す人は、家事を経験したことのある人がほとんどです。

主婦(夫)として長年自宅の家事をしていたり、親が忙しくて代わりに家事を担当していたりしたという人が、その経験を生かして働きたいと考えることが多いようです。

いくら長年家事をしていたからと言って、世の中に家事の経験を直接生かすことのできる仕事というのはなかなかありません。

そうした人にとって家事の経験をいかして人の役に立てる家政婦の仕事は、とても魅力的であるといえるでしょう。

家政婦の雇用形態・働き方

直接契約か、派遣かの2択

家政婦の働き方には、大きく分けて2種類あります。

ひとつは、依頼主であるお客さまと直接契約を交わし、専属で働く方法です。

これは、住み込みで働いている家政婦など、一つの家だけで仕事をする方法です。

もう一つは、家政婦紹介や家事代行サービスに登録し、複数の家に派遣されて仕事をする方法です。

複数の家を担当する大変さはありますが、こちらは都合の良い曜日や時間だけ働くことができます。

現在は直接家政婦を雇用する家はほとんどなく、こちらが主流となっています。

家政婦の勤務時間・休日・生活

勤務する家によってばらばら

家政婦の勤務時間は、勤める家や登録する会社によってばらばらです。

お客さまによって、家政婦に仕事をしてほしい曜日や時間が異なるので、休みは不規則になりがちです。

お客さまとスケジュールの都合がつかない場合は、代わりの家政婦を派遣するなど、会社が管理しシフトで働いているところが多いようです。

また、住み込みの場合は毎日仕事がありますが、仕事をしていない夜間は自由に過ごすことができ、依頼主と相談して休みを取ることもできます。

家政婦の求人・就職状況・需要

ニーズが増えてきている

家政婦や家事代行サービスは、年々ニーズが増え求人も増えてきています。

特に需要があるのは、一人暮らしのお年寄りの身の回りの世話や共働きの家庭の家事、一人暮らしで家事に手が回らない人の家の管理などです。

また、これから先増えると考えられているのはお年寄りのお宅でヘルパーの仕事をしたり、子どものいる家庭でベビーシッターのような仕事を任されたりする仕事です。

そうした資格を取得しておくと就職にはさらに有利となるでしょう。

家政婦の転職状況・未経験採用

主婦からの転職が多い

家政婦は、家事経験の多い主婦(夫)から転職する人が多いです。

家事経験を生かすことができるため、他の職種よりも敷居が低くチャレンジしやすいということも背景にあります。

子供の手が離れたので働きたい、家事や育児の合間に数時間だけ働きたいと家政婦を始める人も多いようです。

ただし、家事ができるといっても人によってレベルはさまざまです。

「料理が得意」「掃除が得意」など、家事の中でもここは特に得意という分野をもっていると、転職の際もアピールしやすいでしょう。

家政婦の現状と将来性・今後の見通し

家事を人に任せる時代へ

近年、家政婦や家事代行サービスを取り上げたドラマも放送され、「一部のお金持ちの人々が利用するサービス」から、日常的なサービスへと意識が変化してきました。

「家事や身の回りのことは主婦(夫)がやるべき」という考え方も薄れてきています

生活の様々な場面でアウトソーシング化が進み、家政婦や家事代行サービスの活躍の場面は今後ますます増えていくと考えられます。

ライフスタイルの変化の中、家事は家政婦にアウトソーシングするということが、これからはより一般的になっていくことでしょう。