歯科助手の受付業務はどんなことをする?



受付も歯科助手の仕事の一つ

歯科助手は、「助手」という言葉の通り、医師のそばについて治療をサポートするイメージがあるかもしれませんが、実際の業務内容は多岐に渡ります。

来院した患者さんの診察券を受け取り、診療後に会計をおこなう受付の仕事も、歯科助手が担う重要な業務の一つです。

受付と助手の仕事をきっちりと分けて採用する歯科医院もありますが、小さな規模の歯科医院では歯科助手が受付を兼務していることが比較的多いので、受付の仕事についても学んでおく必要があります。

歯科助手の受付業務の内容

受付のおもな仕事は、来院受付・会計・予約管理・電話応対・カルテ管理などです。

仕事の流れとしては、まず来院した患者さんの診察券と健康保険証を預かり、予約内容を確認するところから始めます。

このとき、保険証の更新や変更がないか、他の病院からの紹介状の有無などをチェックし、変更点があった場合はカルテの内容を更新します。

初診の患者さんには問診票の記入を依頼し、どんな症状で来院したか簡単に質問します。

来院受付が終了したら、診療の順番が来た患者さんを診察台に案内します。

受付業務の間に患者さんから予約や問い合わせの電話があれば、応対します。

診療が終わった後、医師が診察・処置内容をカルテに入力するので、その情報をもとに患者さまの医療費の負担分を計算・請求し、一通りの流れが完了します。

受付は患者さんが来院して最初に顔を合わせる存在なので、医院の印象を左右する重要なポジションです。

また、治療にあたる医師や歯科衛生士などの診療スタッフが仕事をしやすいように予約を組み込み、調整する役割も担います。

受付に求められるもの

受付をしていると、患者さんに治療に関するさまざまなことを聞かれます。

たとえば、以下のようなことを質問されます。

・処方箋はどのタイミングで飲むのか?
・抜歯した後はお風呂に入ってもいいのか?
・麻酔はどのくらい効いているのか?
・治療後は何時間後に食事をとれるのか?

もしも「分からないので聞いてきます」と慌ててしまうと、患者さんに不安を与えてしまうことがあります。

受付業務においても、診療アシスタント業務と同様に、歯科の専門知識や診療の流れをきちんと把握しなければなりません。

また、患者さんを待たせてしまわないよう素早く正確にこなす必要がありますが、その反面、一人ひとりに丁寧な応対をすることも大切です。

迅速さと丁寧さを兼ね揃えた受付業務が求められます。

予約の患者さんの応対だけでなく、電話が鳴ったり急患が来たりすることもありますが、どんなに忙しくても患者さんに安心感を抱いてもらえるような応対を忘れてはいけません。

相手がどのような人であっても笑顔で応対し、常に目配りや気配りをするのはとても神経を使うでしょう。

しかし、不安を抱えて来院した患者さんが、治療を終え安心して帰る姿を見たり、感謝の言葉をもらえたりしたときは、大きなやりがいを感じられるでしょう。