潜水士の勤務時間・休日

潜水士の勤務時間

民間企業の場合

潜水士の勤務時間は、勤務先となる企業や組織によって異なります。

海洋土木関連や海洋調査などを行う民間企業に勤める場合、基本的には日勤が一般的で、朝から夕までの決められた時間内で働きます。

職場や仕事内容によっては、シフト制としているところもありますが、1日の実働は7時間半〜8時間程度となっています。

海上保安庁や海上自衛隊の場合

ただし、海上保安庁や海上自衛隊の潜水士の場合は生活サイクルがまったく異なってきます。

日によって24時間態勢の勤務や船での当直があったり、さらに海難事故で出動する際には朝も夜も関係なく勤務を命じられたりすることがあります。

もちろん、休日や休憩時間は確保されていますが、事件や事故が発生すると長時間の勤務になることも珍しくありません。

潜水士の休日

休日も、勤務先によって異なり、曜日固定での週休2日制をとっているところもあれば、週によって休みの曜日が変わる場合もあります。

土曜日は出勤となり、日曜と祝日が休みという企業も比較的多くあります。

休暇としては、夏期休暇や年末年始休暇、有給休暇、特別休暇、育児休業制度などが一般的ですが、職場によって違いがあるためしっかりと確認しておきましょう。

潜水士の残業時間

潜水士は潜水深度や潜水時間など、事前に定められた計画に基づいて作業を進めていきます。

そのため、予定時間を超えて働くことはあまり多くありません。

とくに勤務時間が固定されている会社で働く場合は、規則正しい生活を送ることができるでしょう。

ただし、業務量が多い時期には早出や残業を求められることもありますし、勤務先によっては日帰りや数ヵ月の出張を行い、現地で作業を行うこともあります。

海上保安庁や海上自衛隊などでレスキューをする潜水士の場合、事件や事故はいつ発生するかわからないため、どうしても不規則な生活を送ることになりがちです。

潜水士に夜勤はある?

民間企業で働く場合は、ほぼ夜勤はないといってよいでしょう。

ただし、海上保安庁や海上自衛隊では、24時間体制でシフト勤務をするため当然ながら夜勤はあります。

海上勤務となれば、当直が3~4交代でまわってくるため、数日に1回は夜勤を行うことになりますし、新人のうちは訓練のためもあり、夜勤を回されがちです。

また救助や不審船対応などがあった場合は、夜通し対応することもあります。

潜水士は忙しい? 激務?

民間企業で働く潜水士は、一般的なサラリーマンと同様、規則正しい生活を送ることが可能です。

あらかじめ決められた潜水計画に沿って仕事をするため、大幅に残業をすることは少ないです。

ただし、海上保安庁や海上自衛隊で働く場合はそうはいきません。

夜勤もありますし、船に乗った場合は何日も陸に帰ってこられないこともあります。

また、人命に関わる業務が多いため、体力だけでなく精神的にもハードな仕事だということを心得ておきましょう。

潜水士の1日・生活スタイル