独学でリフレクソロジストになれる?

人気を集める養成講座

リフレクソロジストをめざす人の多くは、民間の養成講座を受講して専門知識と技術を学んでいます。

通学のコースであればスクーリングを通してプロの手技やリフレクソロジストとしての心構えを学ぶことができますし、通信のコースであればテキストやDVDを通してリフレクソロジーの基本知識を学ぶことができます。

そのうえで各団体の主催する資格認定試験を受けて合格してから就職をめざすことが多いようです。

それでは、こうした講座や資格試験を利用せずに独学で勉強してリフレクソロジストをめざすことは可能なのでしょうか?

独学で学ぶメリット

結論から述べると、リフレクソロジストとして働く上では絶対に必要とされる学歴、資格、免許というものはないので、独学で勉強してこの職業に就くことは可能です。

近年ではリフレクソロジストに関する研究が進んでおり、足裏の神経や反射の仕組みやトリートメントの手技に関する書籍はたくさん出版されています。

また、街中に出かければリフレクソロジーの専門店をたくさん見かけることができます。

お客さんとして施術を受けながらリフレクソロジストがどのような仕事をしているのかを目で見て学び、知人や家族相手に練習しながら手技を磨くということもできるでしょう。

独学の場合は講座や資格試験の受講費用もかかりませんし、自分のペースで勉強ができるのが最大のメリットです。

独学で学ぶデメリット

もちろん、独学で学ぶことにはデメリットもあります。

リフレクソロジストはお客さんの身体に触れながら施術をするのが仕事なので、この職業に就く上では信頼を得ることが何よりも大事です。

「日本リフレクソロジスト認定機構」や「日本リフレクソロジスト養成学院」など大手の団体で学んだ経験があり、資格を取得していると客観的に実力を証明してもらいやすいことは間違いありません。

また、同じ業界内に人脈を築いている人のほうが仕事の幅が広がりやすいので、独学であっても積極的に人脈を作るほうがよいでしょう。