リフレクソロジストの資格

国家資格や免許はなし

足裏の神経を刺激して身体のコンディションを整えるお手伝いをするのがリフレクソロジストの仕事ですが、この職業には国家資格や免許はありません。

それに代わるものとして民間の団体が認定しているライセンスが複数あるので、リフレクソロジストとしての実力を証明したいのであればこのような民間資格に挑戦するとよいでしょう。

リフレクソロジストは他人の身体に触れたり健康状態を聞きだしたりするというデリケートな仕事をするので、お客さんから信頼を得るための資格を所持しておくと大きな強みになります。

JREC認定ライセンス

それでは、具体的にどのようなライセンスがあるのかを紹介します。

まず、有名なのは日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)の認定ライセンスです。

JRECが主催するスクールを受講し、認定試験に合格することで登録できるようになります。

「レギュラー」「マスター」「インストラクター」「トップインストラクター」とリフレクソロジストの知識や技術に応じてレベルが分けられているので、レギュラーから挑戦してステップアップを狙うとよいでしょう。

国際ライセンスIEB

日本リフレクソロジスト養成学院(REFLE)では、通信や通学の講座で学ぶことで、JHRSという日本ヒーリングリラクゼーション協会認定のリフレクソロジー資格を取得することができます。

また、コースによっては世界的に通用する国際ライセンスであるIEBを取得することもできるので、いずれは海外で働きたい人やグローバルな技術を磨きたい人は挑戦するとよいのではないでしょうか。

この他にも複数の団体がリフレクソロジストを認定する試験や資格を主催しているので、自分の理念に合ったものを選びましょう。

同じリフレクソロジーであっても「西洋式(英国式)」と「東洋式(台湾式)」で考え方や手技に違いがあることもあるので、試験や資格の内容をしっかり理解することが大切です。