建築板金工の勤務時間・休日

建築板金工の勤務時間

建築板金工の勤務時間は、基本的に日中です。

建築板金工の仕事は外仕事がメインのため、陽の出ている時間しか作業はできまません。

また材料を切ったり叩いたりする際に大きな音が出ることから、夜間に作業をすることはほぼありません。

体力を必要とする仕事のため、昼休憩以外にもこまめに休憩時間を設けているところが多く、あるのも特徴です。

建築板金工の休日

建築板金工の休日は土日や祝日となるのが一般的です。

とくに日曜日や祝祭日に関しては、労働災害保険や近隣への騒音への配慮から、作業をすることはほとんどありません。

土曜日に関しては第2・第4土曜日のみなど隔週で休みというところも多いようです。

建築板金工の残業時間

同じ建築関係であっても、内装関係の仕事は夜間も作業をすることがありますが、建築板金工は夜間作業がほとんどなく、残業も少なめです。

材料の仕込みや段取りなどを工場や事務所で行うこともありますが、深夜まで作業しなければならないことはほぼありません。

よほどの突貫工事や緊急対応以外では、長時間の残業はないと考えてよいでしょう。

建築板金工は忙しい? 激務?

天候に左右されるスケジュール

住宅や店舗が建設される際には、あらかじめ工期やその日の作業スケジュールが決められており、建築板金工もそれに沿って働きます。

しかし、屋外での作業はどうしても天候に左右されがちです。

台風などの悪天候が予報されていれば、たとえ休みであっても作業をして雨風に耐えうるよう間に合わせる必要があります。

一度台風や大風が吹いて、屋根や外壁がはがれたりいたんだりすると、突発的に修理にまわらなければならなくなり、作業が増えてしまいます。

また、屋根や外壁がはがれてしまった場合、しっかりと直さないまでも雨風が建物内に侵入しないように補修しなくてはなりません。

さらにはがれた箇所がそれ以上広がらないよう、応急措置をしなくてはならないこともあり、天候によっては作業量が莫大に増え、多忙になることもあります。

工期の遅れ

こうした悪天候などにより、工期が詰まってしまいどうしても仕上げなければならない場合についても、休日返上で働かなくてはなりません。

とくに新築や増改築の際に工期ぎりぎりで施工した場合は、その後細かな修理や補修を依頼されることも多く、どうしても仕事量が増える傾向にあります。

現場で働く以上、スケジュールや工期を考えながらある程度柔軟に対応しなければならないことを知っておきましょう。

建築板金工の休日の過ごし方

建築板金工は体力が必要な仕事のため、休日はゆったりと体を休めたり、各々の趣味を楽しんだりしてリラックスして過ごす人が多いようです。

土日祝日が休みとなることが多いため、友人や家族との予定も立てやすいといえるでしょう。

また夜間の作業が少ないため、仕事後に友人や家族などと外食したり、出かけたりする人も少なくありません。

建築板金工の1日のスケジュール・生活スタイル