エディトリアルデザイナーになるための学校(大学、専門学校、スクール)

学歴は関係ある?

エディトリアルデザイナーは、なるために特別な資格や学歴が求められることはあまり多くありません。

学歴については、「高卒以上」や「短大・専門学校卒以上」というものが多いようですが、「不問」としている求人もそれなりに多く見受けられます。

したがって、必ずしも大学などに通わなくてはならないわけではありません。

ただし、一部の大手出版社などでは、大卒の学歴が求められることがあるようです。

各種ソフトのスキルは必要とされることが多い

エディトリアルデザイナーは、業務中に「Illustrator」「Photoshop」「InDesign」といった各種ソフトを使用します。

これらのソフトの基礎知識・スキルについては、就職の時点で必要とされることがあります。

もし学校でこうしたスキルを身につけたいのであれば、デザイン・グラフィック系の専門学校や、デザイナーの養成を目的とした民間のスクールに通うことを検討するとよいでしょう。

グラフィックデザイナーやエディトリアルデザイナーの養成コースを置くスクールは数多くありますが、各スクールでカリキュラムや在学期間は異なります。

美術系大学でデザインやグラフィックを専門的に学び、卒業後に就職を目指す人もいます。

なお、エディトリアルデザイナーの就職試験では、作品集(ポートフォリオ)の提出が求められることも多くなっています。

先に挙げたような学校では、作品集の作り方についてのアドバイスも受けられるでしょう。

アシスタントからスキルアップ

エディトリアルデザイナーは、まずアルバイトから業界に入り、アシスタントとして経験を積み、スキルアップして一人前になる人もいます。

この場合、スキルがほとんどない人でも採用されることがあります。

ただし、最初は雑用中心で仕事を任されていくため、少しでも早く戦力として活躍したいのであれば、やはり学校でデザインについての知識・スキルを身につけておいたほうがよいでしょう。