音楽学部卒業生の口コミ・体験談・就職先まとめ

(読了時間:9分17秒)
都内音楽大学 音楽学部 演奏学科卒業生の体験談・口コミ

演奏学科を目指した理由

中学・高校と吹奏楽部に在籍しており、特に高校ではマニアな先輩たちの影響もあって音楽の面白さにどっぷりと浸かっていました。

進学校でしたが、部活のために通学しているようなもので成績は下降の一途。

2年生になったときに、好きなもので進学しよう、飯を食っていきたいと思うようになり音楽の道を志しました。

演奏学科で学んだこと・役に立っていること

現在は大学職員として働きながら指導や演奏活動を行なっています。

音楽を続けている以上は学生時代に学んだことは全てが役に立つと思います。

逆に全てを使って仕事をしなければ次の仕事がない、と感じることもあります。

高校の時以上に大学時代は勉強に精を出していました。

演奏学科の雰囲気

音楽を極めようと思う同窓生が全国から集まってくるので、それはそれは十人十色な個性豊かな人たちばかりです。

一昔前と違って、周りを圧倒して自分の音楽を守っていく、という人種は少なくなり、周りや他の専攻生(作曲や音楽教育やポピュラー志向の学生)とも仲良くうまくやりながら良いところは吸収し、でも個性は大事にしている人が多いと思います。

男女比は2:3くらいになりつつあるでしょうか。

まだまだ女性が多いです。

演奏学科の楽しかったところ

とにかく毎日が趣味漬け、という点でしょう。

自分が楽しい、心から嬉しい、と感じることを日々研鑽できます。

そしていい意味で忙しいので、遊ぶ大学生にならないし「学生をやりきったなぁ」と振り返ることもあります。

学ぶことの楽しさ、充足感、学生らしさはこの学部を選んでよかったところです。

演奏学科のつらかった・大変だったところ

勉強だけでなく、技術や経験、センスが秀でている人が周りにはいっぱいいるので自分自身で心的ストレスを感じることはありました。

また医学部並みにお金もかかるので親に仕送りも頼めずバイトは必須…もちろん奨学金も借りていました。

周囲とのギャップ、時間のなさ、お金のなさがこの学部を選んで大変だったところです。

演奏学科の卒業後の就職先・進路

私は計画的に就職活動をはじめ、最初は一般の一部上場企業に就職しました。

クラシック音楽の知識量を買われて秘書課のようなところで働いたこともあります。

周囲は卒業まであと1、2ヶ月、となっても演奏会に出ていて一切就活をしていない人もいました。

もちろん彼らの中にはオーケストラのオーディションを受けるという目標を明確にしている人もいましたが、現実から目を背けて突っ走る人もいました。

当然、全体の就職率は低いです。

夢を追いかけている人も、バイトで食いつなぐという人もいます。

卒業後の所感・メッセージ

音楽大学へ進学する人は一時期よりもかなり少なくなっています。

音大はそろそろ淘汰されてくる時代だと思います。

でも将来のこどもたちに音楽を伝えられるプロが少なくなってはいけないと思います。

私も仕事をしながら指導や演奏をしているのは、何も自分のためだけではありません。

ぜひ自分が好きな音楽を極め、そして次の世代へ繋げたい!という高校生が音楽の道へ進んできてくれることを望みます。

音楽の道は楽しいことばかりではありませんが、何を学んでいても同じことです。

ならば一度だけの人生、自分のやりたいことで酸いも甘いも享受できる道を選んでみてはどうでしょうか。

お金の問題はなんとかしようと思えばなんとかなるものですが、後悔はお金で清算できません。

私は音楽をやってよかったと思います。

みなさんにも自分のやりたいことをやり、やってよかったと思える大人になって欲しいと思います。

みなさんの未来を応援しています。

私立音楽大学 音楽学部 器楽科卒業生の体験談・口コミ

器楽科を目指した理由

高校生の時に吹奏楽部に所属していました。

それなりに演奏には自信があり、賞などもいただいていて顧問の先生や個人的についていたプロの先生から進学を勧められ、何よりも演奏することが楽かったので、プロを目指しこの学科を専攻しました。

器楽科で学んだこと・役に立っていること

担当のプロの先生の指導を受けながら、ソロ演奏、オーケストラ、吹奏楽、室内楽などのノウハウを勉強します。

独学で頑張れば学べないこともありませんが、色んな先生から色んな解釈を吸収することができるので、多様性が学べます

器楽科の雰囲気

男女比は女性が圧倒的に多いですが、卒業後プロとしてやっていけているのは男性が多いです。

雰囲気は楽器ごとに異なります。

金管は大体体育会系で、木管は個人主義ですが女子はつるみがち、打楽器は個性的、弦楽器はプライドが高いです。

皆プロを目指してやってきているので意欲に燃えています。

器楽科の楽しかったところ

全国から我こそはという同世代の人間が集まってくるのでとても良い刺激になります。

部活ではレベルもさまざまな人間でやっているので正直物足りない所もありましたが、皆ある程度の水準をクリアしてきているので高いレベルの物を作り上げていくのは凄く楽しかったです。

器楽科のつらかった・大変だったところ

個性的な人ばかりなので人間関係は結構大変でした。

また、大学内でオーディションで選ばれた人間だけが出演できる演奏会などがあり、選ばれた人間は名誉ですが、それにあぶれた人達は皆涙を堪えて練習を頑張っていました。

うまく演奏できないジレンマはとてもつらいものでした。

器楽科の卒業後の就職先・進路

自分は結局楽器の修理の道に進みました。

演奏は楽しかったですが、それ以上に直接的に中高生の手助けとなりたかったのです。

フリーランスの演奏者として仕事をしながらプロのオーケストラに入ることを目指している人や海外に留学する人が大半ですが、教員免許をとって音楽の先生になる人や、まったく違う職種に就く人もいます。

自分で教室を開いて音楽講師をする人も多いです。

卒業後の所感・メッセージ

大学はさまざまな刺激があり本当に楽しいですが、常にやる気もって自分から動いていかないと4年間が無駄になってしまいます。

受け身でいるだけでは最低限のことしか選択できません。

モチベーションを保つことはとても大変ですが、意欲を持って頑張ってほしいと思います。

都内私立大学 音楽学部 器楽学科フルート専攻卒業生の体験談・口コミ

器楽学科フルート専攻を目指した理由

小学校の時からピアノとフルートを個人の習い事として続けてました。

高校が進学校だったので周りの同級生は国立大学の文学部法学部を目指していたのですが、周りの偏差値と自分の偏差値を比べて私はあまり偏差値が良くなく、4年間の勉強を考えた時に自分の得意分野で進学をするのが良いと思い、音楽学部に進学しました。

器楽学科フルート専攻で学んだこと・役に立っていること

ピアノとフルートの演奏技術、音楽に関する知識や歴史を学び、周りの演奏者とコミュニケーションをとることでいろいろな人の物の考え方や価値観を学びました。

オーケストラやブラスバンド、室内楽の授業もありましたので、アンサンブルの技術的な難しさと人間関係の大事さを学び、社会人になってからのコミュニケーションに役立っています。

器楽学科フルート専攻の雰囲気

学生の性格としては、音楽学部は裕福な家庭が多かったこともあり、バイトなどはせずに練習に明け暮れる勤勉な学生が多かったです。

1日8時間ほど練習している人などいました。

クラシックが好きな人が多く、自意識や自尊心が高い人が多かったように思います。

男女比は9:1で女性が多かったです。

器楽学科フルート専攻の楽しかったところ

演奏会が終わったら打ち上げがあったり、学園祭は演奏楽器別に屋台を出して売り上げを競ったりして、周りの学生とのコミュニケーションが楽しかったです。

楽器ごとの人数は楽器によって1学年5~20名ほどで少なかったので、先輩後輩や同級生との顔と名前が一致するくらいの規模だったのもよかったと思います。

器楽学科フルート専攻のつらかった・大変だったところ

試験前はピリピリした雰囲気であり、同級生も先輩も下級生も全員ライバルとなるので大変でした。

人数が少なかったので順位が顕著にあらわれ、授業によっては全員が受講できるわけでなく、パートごとに成績順での受講になる授業もありましたので、競う形になることや成績が見えてしまうことが大変でした。

器楽学科フルート専攻の卒業後の就職先・進路

学校の音楽の先生になる人、自分で教室を開いてピアノ教室や楽器教室を開く人、ヤマハや山野などの音楽教室に就職する人が多いです。

楽器店の販売員や事務スタッフへ就職する人も多いです。

少数ですが、演奏家として、自分がソロアーティストとしてコンサートを開いたり、スタジオミュージシャンとして依頼を受けて演奏したりする人もいます。

卒業後の所感・メッセージ

音楽学部に集まる生徒は主にクラシック音楽が好きな人が多く、自分のこだわりが強く、一般的に変わっていると言われる方が多いのではと思います。

そういう人との出会いでいろんな価値観を学んだり、音楽を通して他ではできない感動したり達成感を感じる経験をすることができます。

授業外でもたくさんの時間を一緒に過ごしたりしますので、密な関係での人間関係の形成ができるかと思います。

私は通ってよかったと思いますので、目指している方は頑張ってほしいと思います。

地方私立大学 学芸学部 音楽専攻卒業生の体験談・口コミ

音楽専攻を目指した理由

大学に進んで、教員免許をとって中学校の音楽の先生になりたかったからです。

音楽はとてもお金がかかるので、東京の音楽大学には行かずに、地元の音楽学部のある大学で頑張ろうと思っていたので、この大学を選びました。

音楽専攻で学んだこと・役に立っていること

音楽の勉強は、毎日毎日の積み重ねです。

成果がすぐに現れる訳でもなければ、演奏を誰かが助けてくれる訳でもなく、上手い下手は、その人それぞれの感覚によってさまざまです。

なので根気強く、孤独を乗り越えなければなりません。

華やかに見えても本当は華やかではないんです。

なので、どんなことにも負けないで、根気強く生きて行くことは、この環境から学ぶことができたと考えています。

音楽専攻の雰囲気

女子大学だったということもあり、お嬢様気質の人が多かったです。

服装も、ジーパンを履いている人はキャンパスではほとんど見かけません。

みなさんいつもきちんとしていて可愛らしい人がとても多かったです。

プライドも高い人が多かったですが、みんな個性的で天然だったように思います。

音楽専攻の楽しかったところ

楽しかったところは、みんなで訪問して演奏会を行ったりしたことです。

普段はみんな個人で練習していますが、演奏会ではみんなで一つのものをい作り上げるため、合奏などもしました。

コンサートでは、普段試験では演奏しないようなポップスも取り入れたりして本当に楽しかったです。

音楽専攻のつらかった・大変だったところ

つらかったところは、孤独です(笑)

音楽は一人で地道に練習しなければ上達しないので、他の友達が遊んでいる時でも、暇さえあれば練習するという感じでした。

一つの音楽を納得いくまで練習することは楽しみでもあり、つらいことでもあります。

終わりが見えないつらさです。

音楽専攻の卒業後の就職先・進路

卒業後の進路は本当に多岐にわたっています。

私は音楽から離れて就職をしましたが、学校の音楽の先生や、音楽教室の講師ももちろん多いですし、

銀行員や、一般企業に就職する人も多かったです。

家庭の事情もそれぞれあり、大学院に進学する人はほんの一握りでした。

卒業後の所感・メッセージ

高校生のみなさんには、将来のことを真剣に考えて進学してほしいなとおもいます。

日本は転職がしにくいのでなかなか大変です。

若い時にできることを、大学のうちに全てやる勢いで、学生生活を楽しんでいただきたいを思います。