僧侶になるには

仏門に入る

僧侶になるために必要な資格はありませんが、仏教の世界には仏門に入ることを許可してもらうための「得度」と呼ばれる儀式があります。

僧侶になるためには、まず得度を受け、仏門に入ることが必要です。得度を受ける前にまず自身が信仰を持ち、仏教に関する深い理解や知識を得る努力をしなければなりません。

その方法の一つとして仏教系の学部がある大学への進学があげられます。また進学せずに直接寺院を訪ね、修行できる場合もあります。

大学で仏教を学ぶ

日本には、たくさんの仏教系の大学があり、僧侶を目指す学生が通っています。仏教系以外の大学でも、仏教を専門で学べる学部が設置されているところもあります。

僧侶になりたい人は進学し、大学で仏教を学ぶという方法を視野に入れておくとよいでしょう。

卒業後はいよいよ修行の道へ

仏教系の大学で仏教を学んだ後は寺院に奉職し、一般的には2年間程度の修行に入ります。

修業期間が終わるといよいよ僧侶として職務につくことになります。修業期間や得度の方法などは宗派によって若干異なります。希望の寺院がある場合には直接問い合わせてみるのがいいでしょう。

修行の道は甘くない

僧侶は人生そのもの、生活そのものが修行であるといえます。常に自分を律し、贅沢を排した質素な性格が求められます。

とくに仏門に入りたての際の修行は非常に厳しいのが一般的です。僧侶はただでさえ朝が早いのに、見習い中は朝3時、4時には起床し、座禅やお経の練習、お寺の掃除、配ぜんの準備などを行います。

日中は他の先輩の補助をしながら僧侶としての振る舞いや技術を学びます。空いた時間には仏の心をより深く理解するために主に仏教史などを勉強します。

また見習いの期間中は自由に外出することは禁じられ、携帯電話などの所持も認められないのが一般的です。

こうして厳しい見習い期間の修行を経て、はじめて一人前の僧侶として寺院で働くことが許されるのです。

僧侶になるための心得

僧侶になるには、信仰心が必要不可欠です。僧侶はみな、宗派ごとに教えは若干異なりますが、仏の導きを信じ、後世に残していくという責務を負います。

ときには信仰のない一般の人にもわかりやすく説いていく必要があります。

「人生とは何か?」「生命とは何か?」「死とは何か?」を常に探究し、よりよく生きるために仏教の教えをどのように生かしていくべきか、人生を通して追求する覚悟が必要とされます。