麻薬取締官の大変なこと、苦労

危険な場面に直面することも

いまや一般の未成年者や主婦、会社員まで簡単に不正薬物に手を出す時代になっていますが、薬物犯罪の主犯格であるのは、暴力団や麻薬を密輸入している外国人グループである場合が多くあります。

もちろん、捜査活動は最大限の安全性を確認しながら行いますが、ときに自らの身体を張って相手にぶつかることも想定しておかなければなりません。

麻薬取締官は厚生労働省の所属ですが、ひとたび麻薬取締官として採用されれば、拳銃の扱いや逮捕術の訓練も行われます。厳しい現場環境にも耐えられるよう日ごろからの鍛錬が大切です。

転勤が多い

麻薬取締官の仕事は全国転勤がありますが、実際に各地の麻薬取締部への転勤をする機会は多いと言われています。

その大きな理由の一つが、薬物犯罪に加担する暴力団などは同エリアのグループで行動していることが多いため、顔を知られないようにするためです。また、小さな組織の中でできるだけ多くの仲間と交流をし、チームワークを深める目的もあるそうです。

ようやくその土地に慣れたと思ったら再び拠点が変わる…そのような生活の繰り返しに苦労する面もありますが、仕事柄どうしても避けられないものです。

人間と向き合う苦労

麻薬取締官は人間を相手にする仕事ですので、対人ならではのストレスも多くなります。特に、薬物の乱用を繰り返している被疑者の場合、取り調べをしようとしても思考力や判断力が低下しており、まともな会話ができないこともあります。

そのような人と接するのは苦しさを感じることも多いですが、薬物の犯罪や不正流通を防ぐために強い心で向き合うことが求められます。