介護事務の1日

介護事務の1日の流れ

介護事務は、基本的に施設内での仕事が中心となります。

ヘルパーなどの資格を持って介護職を兼務する場合には夜勤が入ることもありますが、事務の仕事だけをする場合には、だいたい日中の決まった時間帯に働き、施設運営に必要とされるさまざまな事務処理をこなしていきます。

1日のスケジュールは勤務先などによっても異なりますが、ここでは一般的な例を紹介します。

介護老人保健施設で働く介護事務のある1日

08:30 出勤

少し早めに出勤し、パソコンを立ち上げてメールチェックを行います。

09:00 ミーティング

事業所内の他のスタッフと一緒にミーティングを行います。ケアマネジャーや介護職員と連絡事項を確認・共有します。

09:15 介護報酬請求業務

介護保険料の計算を行い、利用者の方が負担する費用を算出します。同時に、国や地方自治体が負担する分の費用を請求するための書類を作成します。

12:00 休憩

持参したお弁当を食べて休憩します。

13:00 関係機関への連絡

役所や病院など、関連機関と連絡を取り合います。

14:00 来客・問い合わせに対応

利用者の家族からの問い合わせに丁寧に答えたり、新たに介護サービスを利用したい人が来所した際には明るい笑顔で対応します。

15:30 勤怠管理

施設に勤務する職員の勤怠管理も担当します。当日のタイムカードで出勤状況をチェック。

16:00 ケアマネジャーのサポート

ケアプランを作成するケアマネジャーに依頼されて、必要な書類を用意したり、関連機関に連絡をとったりします。

16:30 介護報酬請求業務

午前中に処理しきれなかった分を、キリのいいところまで終わらせます。

18:00 退勤

トラブルなく、スムーズに業務が進んだ日はほぼ定時で帰れますが、介護報酬請求業務は月末に締めて翌月10日までに国などに書類を提出しなくてはならないため、月末月初は日によって残業となることもあります。