カジノディーラーの資格

カジノディーラーの資格とは

カジノディーラーとして働くために、絶対に必要とされる資格はありません。

ディーラーとしての知識や技能が身についていれば、あとは希望する職場(カジノ)の採用試験を受けてパスすることで、仕事に就くことができます。

しかし、カジノディーラーという職業の認知度が徐々に高まり、ディーラーを養成するためのスクールに通う人も増えつつあるなかで、カジノディーラーとしてのスキルを証明する民間資格が誕生しています。

ここでは、そんなカジノディーラーの資格について紹介します。

カジノディーラー資格認定試験について

カジノディーラー資格認定試験は、「日本カジノディーラーズ協会」が認定する試験です。

同協会は、日本初のカジノディーラー専門養成機関である「日本カジノスクール」も運営しており、国際的に通用するカジノ人材の育成に取り組み続けています。

カジノディーラー資格認定試験の概要は、以下の通りです。

受験資格

満20歳以上の者でカジノに関する知識、技術を学習した経験のあるものに限る。

資格認定試験科目

<カジノに関する一般常識と歴史に関する知識(筆記)>
世界のカジノの現状に関する知識・カジノゲームのルールに関する知識・その他カジノに関するエチケット、マナー等の知識

<カジノ英語(面接)>
カジノ施設内における接客英会話の基本・カジノゲームに関する英会話の基本

<接客接遇態度(筆記と面接)>
カジノ施設内における接客態度・カジノゲーム中の接客態度・服装、
身だしなみに関する常識及びゲーム説明

<ディーラー技術(各ゲーム毎の実技審査)>
ルーレット・ブラックジャック・ミニバカラ

※上記のうち、日本カジノスクールをはじめとする認定校の卒業生は実技審査が免除されます。

資格試験で問われること

上記のように、カジノディーラー資格認定試験は、カジノで楽しむ代表的なゲームの知識・技術にとどまらず、カジノの文化やマナー、接客態度など、ディーラーとして備えるべきことを幅広く問われるものとなっています。

あくまでも任意で受験するものですが、日本カジノスクールの卒業生はこの試験をパスすると、協会認定者となり、プロカジノディーラーとして国内外で活躍しているようです。