Webプログラマーの志望動機、面接

志望動機の考え方

Webプログラマーを目指す人の志望動機として多いのは、ITやWebが好きで、なかでも実際に手を動かして新しいサービスを作っていくWebプログラマーに興味を持ったというような内容です。

自分でプログラミングをしたことがある人であれば、そのときの経験を基に志望動機を練り上げていくとよいでしょう。

何もプログラミングに触れたことがないのであれば、Webプログラマーのどこに興味があるのかを、できるだけ具体的に伝えることが大事です。

なお、自分がどういったWebサービスを作りたいのかを伝えることも必要ですが、その内容と、応募先の企業が手掛けている仕事内容に大きな相違が出ないように考えていくことも重要です。

Webプログラマーの求人を出している企業はたくさんあるため、企業側からすると「なぜ当社なのか」という思いまでしっかりと伝わってくる志望動機を作ったほうがよいでしょう。

面接のポイント

同じWebプログラマーの面接といっても、経験者と未経験者では、企業側が見るポイントは変わってくるものです。

経験者を対象とした面接の場合、やはりスキルや実績が重視される傾向にあります。

これまでどのような開発経験を積み、どのようなスキル(習得しているプログラミング言語など)があるのかを中心に問われることになるでしょう。

また、持っている力を生かして会社にどう貢献できるかといったことも考えておいたほうがよいでしょう。

一方、未経験者を対象とした面接では、「意欲」に重きを置いて判断されることになるでしょう。

業務上必要なことは、本人のやる気次第で入社後でも十分に学べると考える企業が多く、Webプログラマーとして本当に働きたいという意思があるのかを最重要視されやすいようです。

Webプログラマーは人手不足であるため、現時点での専門的なスキルは足りていなくても、努力したいという前向きな姿勢が伝わる人は採用されるチャンスが十分にあります。

Webプログラマーを目指すならプログラミングスクールも検討

IT業界やWebプログラマーを目指すなら プログラミングスクールでスキルを高める ことも考えてみるとよいでしょう。

ITエンジニアの人材不足は慢性的で、今後も職に困ることは少ないといわれています。

また、ITエンジニアは他職種と比較しても給与は高い傾向にあり、テレワークの比率も高くなっています。

未経験採用をしている企業もありますが、 スクールでスキルを身につけておくと、就職・転職で有利になる 可能性もありますし、採用後もスムーズに仕事をはじめることができます。

ここではキャリア支援サポートもあるプログラミングスクールを2つ紹介します。

SAMURAI ENGENEER


公式サイトSAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERの特徴

1.専属マンツーマンレッスンで最速最短でプログラミングを習得できる

2.スキルに合わせた完全オーダーメイドカリキュラムで学習効率アップ

3.採用時にアピールできる、完全オリジナル作品を開発できる

4.キャリアアドバイザーによる未経験からの転職支援サポートを受けられる

さらに、SAMURAI ENGINEERの人材紹介サービスを利用して転職成功した場合に、 受講料が無料になるコース も用意されています。

さまざまなコースがあるので、一度無料説明会で自身に合ったコースがあるか聞いてみるとよいでしょう。


tech boost


公式サイトtech_boost

tech boostの特徴

1.プロのカウンセラーが目標に応じた最適なプランを提案してくれる

2.現役エンジニアのメンターが学習を細かくサポート

3.運営会社がエンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているので、エンジニア転職に強い

4.オンラインイベントなどで仲間ができる

渋谷のみとなりますが、通学プランも用意されています。

無料説明会では、プログラミングを学ぶメリットや受講イメージなどを詳しく教えてもらえます。


より柔軟にスキルをしっかりと学びたいなら「SAMURAI ENGINEER」、細かいサポートや転職実績を重視するのなら「tech boost」がおすすめ です。

講師との相性やカリキュラムなど、実際に話をしないとわからないことも多いので、少しでも興味があれば無料説明会に参加してみましょう。

公式サイトSAMURAI ENGINEER

公式サイトtech_boost