作曲家への転職・未経験からなるには?

作曲家への転職状況は?

作曲家は、「この学校を出たら」「この資格を取れば」なれるといいう職業ではありません。

作曲家になるための道のりは決まっていません。

どのような人にも努力次第で作曲家になるチャンスがあるといえます。

作曲家への転職状況としては、もともと音楽業界でバンドやアーティスト、シンガーソングライターとして活躍していた人が、作曲家に転身することは比較的多くあります。

作曲家への転職の志望動機で多いものは?

作曲家へ転職する理由として多くあげられるのは、作曲に対する情熱です。

音楽は仕事を離れても、生活とは切っても切り離せない関係です。

たとえ音楽の仕事ができなかったとしても、趣味やアマチュアとして作曲を続けている人は多くいます。

一旦は社会人として仕事を持ちながら、いずれは音楽業界で働くことを夢見て作曲を続けている人は非常に多いのです。

未経験・社会人から作曲家になるには

デモテープを作成する

まずは、音楽編集ソフトなどで作曲・編曲をし、デモテープを作っておくるところからはじめましょう。

最近の音楽ソフトは進化がめざましく、マイクに歌っただけで音階を読み取り楽譜にしてくれるものもあります。

そうしてできたメロディーにギター、ベース、ドラムなどのアレンジを自動で付けてくれるソフトもあります。

初心者でもあっという間にデモテープが完成し、ハイレベルのサウンドが構築できるため、積極的にデモテープを作り応募して見るとよいでしょう。

音楽プロダクションなどが主催するコンクールやコンペなどは比較的多く行われており、才能ある新人を積極的に発掘しようとしている企業も多いため、初心者でもデビューのチャンスをつかむことができます。

トラックメイカーとしての活動

ヒップホップやラップのバックに流れているサウンドを作る作曲家をトラックメイカーと呼びます。

これらはサンプリングといって、さまざまな音、メロディーの破片、リズム音、機械音、自然音などをデジタルで取り込み、組み合わせて新しい音を作り上げます。

これまで作曲と言うと楽典や理論を勉強しなければできませんでしたが、こうしたサンプリングはこれまでの音楽の常識を超越したまったく新しい音楽の作り方です。

未経験でもセンスと機材の知識だけで勝負できる新しい分野で、近年注目を集めています。

ネット上での作品発表

動画投稿サイトに自分の作曲した曲をアップし、積極的に発表していくことも大切です。

再生数が増えたりネット上で人気が出たりすれば、業界関係者から声がかかることもあります。

作曲家への転職に必要な資格・有利な資格

作曲家になるために特別な資格は必要ありません。

作曲家は音楽系高校や大学、音楽学校に行くのがポピュラーですが、まったく知識のないところから、有名作曲家になった人も非常に多いです。

初期のビートルズは譜面を描くことができなかったことで知られており、まったくの初心者からでも独学で作曲家を目指すことは不可能ではありません。

作曲家への転職に役立つ職務経験は?

技術面では、既にバンドやアーティスト、演奏家などとして活動していれば、その技術をそのまま作曲で生かすことができます。

それ以外の社会人経験も、作曲をする上では非常に役に立ちます。

曲をつくるためには、さまざまな人やシチュエーション、心情などを考えながらイメージを膨らませていくため、すべての職務経験が曲作りに生かせるといえるでしょう。

作曲家への転職面接で気をつけるべきことは?

作曲家として活動していく上では、収入面を考えなくてはなりません。

作曲家で生計を立てていけるだけの収入を得られる人はほとんどおらず、大抵の場合はアルバイトをしたり副業をしたりしながら作曲を続けている人も少なくありません。

また一曲デモテープが通ったからといって、すぐに仕事が継続的に来るわけではありません。

契約や収入に関することで不安がある場合は、面接でしっかりと確認しておくことが必要です。

作曲家に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

音楽業界に定年はなく、歳を重ねても作曲家として活躍している人は非常に多いです。

しかしまったくの初心者がいきなり作曲家を目指すのは現実として非常に厳しく、本気で生計を立てていくと考えるのであれば、できるだけ早い段階で作曲の勉強を始めるのがよいでしょう。

一方でバンドやシンガーソングライターとして活動しているばあいは、高齢になって声が出なくなったり思うように演奏ができなくなったりしたために作曲家に転職するという道も考えられます。