国際公務員の一般職の仕事

国際公務員の一般職とは

国際公務員は、国連やその下部組織、専門機関等に勤務し、ニューヨークやジュネーヴ等にある本部のほか、「フィールド」と呼ばれる世界各地の事務所で働いています。

こうした国際機関の職員の職種は、大きく「専門職」と「一般職」の2種類に分けることができます。

専門職

専門的知識や技術を生かして業務を遂行します。

各機関で実施するプログラム(開発、環境、経済など)に直接携わる業務と、それをサポートする業務(財務、人事、総務、広報、ITなど)があります。

各領域における経験や専門知識を有し、即戦力として活躍する人が大半です。

一般的に「国際公務員」や「国連職員」として語られる際には、この専門職がメインとなっています。

一般職

各国際機関の本部やフィールドにおいて、専門職の指示の下、一般事務を担当し、正確には「GS(ジェネラル・スタッフ)」と呼ばれます。

秘書やタイピスト、運転手、ビルメンテナンス、警備などの業務に携わる一般職職員もおり、仕事内容は専門性を問われないものも多く、専門職に比べるとハードルはぐっと低めとなっています。

配属される部署や課によって、一般職職員の仕事内容は変わってくるため、あらかじめしっかりと調べておく必要があるでしょう。

国際公務員の一般職として働くには

求人情報をチェックする

国際公務員の一般職は、基本的に現地採用となっています。

そのため、就職を希望する場合には、自分で希望する事務所に働きかける必要があります。

具体的な方法としては、勤務を希望する事務所に直接照会するか、各機関のホームページを確認し、求人はないか探すことからはじまります。

参考:外務省 国際機関人事センター
参考:外務省 駐日国際機関

こうした求人は一般的なハローワークや求人サイトでは見つけられないため、自主的に動くことが大切です。

一般職になるための条件

一般職は、専門職のように修士卒以上の学歴が必要なく、高卒程度で応募できることもあるため、大学を卒業していない人でも働くことができるチャンスがあります。

職歴はさほど問われないこともありますが、採用条件は各機関によって異なるため、事前の確認が必要です。

ただし、専門職職員と同じように、英語とフランス語の能力は必要とされるため語学力は高めておく必要があるでしょう。

給料は専門職と異なる

国際公務員の給料は、職員のランクによって変わってきます。

専門職と比べた場合、一般職は専門職よりも下の位置づけとなっており、平均年収は300万円~700万円程度がボリュームゾーンとされています。

一般職のなかでも、エントリーレベル、ミドルレベル、シニアレベルといったように職務経験によって徐々にランクが上がっていき、それに応じて給料もアップします。

また、一般職に採用された職員は、原則として現地採用職員としてとりあつかわれるため、専門職にある扶養家族の旅費、家具の移転料、帰国手当、休暇帰国、教育補助金等などの
給付は与えられません。