販売員に必要な資格はある?

特別な資格は必要なし

販売員として働くにあたって、何か特別な資格が必要とされるわけではありません。

未経験から始めた人が何も資格を持たず、現場で経験を積んで一人前の販売員へとステップアップしていくこともよくあります。

ただし、販売力を証明する資格として「リテールマーケティング(販売士)検定試験」というものがあります。

これはいわゆる「販売士」といわれる資格で、販売に関わる唯一の公的資格となっています。

販売士の資格

「リテールマーケティング(販売士)検定試験」は、日本商工会議所と各地の商工会議所が実施する公的な検定試験です。

いずれも年齢や学歴などの制限はなく、誰でも受験可能です。

試験は、難易度別に3級・2級・1級の3段階に分かれており、各級で示される能力は以下のようになっています。

3級

マーケティングの基本的な考え方や流通・小売業で必要な基礎知識・技能を理解している。

接客や売場づくりなど、販売担当として必要な知識・技術を身につけた人材を目指す。

若手販売員や販売職を目指す学生が受験することが多いレベルです。

2級

マーケティング、マーチャンダイジングをはじめとする流通・小売業における高度な専門知識を身につけている。

販売促進の企画・実行をリードし、店舗・売場を包括的にマネジメントする人材を目指す。

販売員としてさらなるスキルアップや管理職を目指す人が受験することが多いレベルです。

1級

経営に関する極めて高度な知識を身につけ、商品計画からマーケティング、経営計画の立案や財務予測等の経営管理について適切な判断ができる。

マーケティングの責任者やコンサルタントとして戦略的に企業経営に関わる人材を目指す。

参考:日本商工会議所 販売士

資格取得のメリット

企業によっては、販売士の資格を取得することが昇進の条件であったり、昇給につながったりすることもあります。

試験合格のための勉強をすることで、仕入や在庫の知識、販売・接客に必要なマナー、マネジメント、販売促進、マーケティングなど、幅広い知識を身につけていくことが可能です。

販売員としてさらに成長したいのであれば、挑戦してみて損はないでしょう。

その他の資格

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターは、主にインテリアや、ファッション、ディスプレイなどで色彩、配色などについてアドバイスすることができる専門家です。

3級から1級までに分かれており、1級カラーコーディネーターは難関な資格であることで知られています。

参考:東京商工会議所 カラーコーディネーター検定試験

インテリアコーディネーター

カーテン・壁素材・照明・家具・設備機器・小物等のインテリアをコーディネートする専門家です。

メーカーのショールームやインテリアショップで働く人だけでなく、店舗の内装やレイアウトにも生かせるでしょう。

参考:インテリア産業協会 インテリアコーディネーター資格試験

シューフィッター

シューフィッターとは、足に関する基礎知識と靴合わせの技能を持ち、一人獲りに正しく合った靴を提案するシューフィッティングの専門家です。

靴店をはじめ、デパート、百貨店などの靴売り場で活躍しています。

ギフト・ラッピングコーディネーター

ギフトを上手に包む技術やラッピングの基本知識を身に付ける資格です。

ラッピングの技術だけでなく、贈答品の知識も身につくため広く役立たせることができるでしょう。