女性の販売員

女性がおおいに活躍できる仕事

販売員は、世の中にさまざまある職業のなかでも、女性がとくに活躍しやすいもののひとつだといえるでしょう。

アパレルや雑貨、インテリアの店をはじめ、百貨店、家電量販店、ホームセンターなど、ありとあらゆる種類の店舗において、女性販売員がたくさん働いています。

女性向けの商品を扱う場合など、店によっては女性販売員中心で構成されるところもありますし、職場の選択肢はかなり広いといえるでしょう。

販売員は商品知識だけでなく、お客さまへの細やかな気遣いや心配りが欠かせず、女性の特性や強み、個性も発揮しながら働くことができます。

女性販売員としてのキャリアアップ

ひと昔前は「販売員は若い人向けの仕事」といわれることもあったようですが、最近では定年まで販売員として働く人も増えています。

いちスタッフとしての販売員として経験を積むと、副店長や店長へステップアップするのが一般的な昇進ルートですが、さらに企業によっては本人の希望や適性に応じてエリアマネージャー、バイヤー広報といった他職種へ異動するキャリアパスが用意されているところもあります。

また、販売員としてずっとキャリアを積んでいきたい人も、能力や評価に応じて、「マスター」といったように社内で独自の称号が与えられる場合もあるようです。

さまざまなキャリアの選択肢がある職場を探せば、モチベーションを保ちながら働き続けることができるでしょう。

女性にとって働きやすい制度も拡大

また、かつて女性の販売員は結婚や出産を機に退職する人が多かったようですが、近年、家事や育児と仕事を両立させられるための社内制度を設ける企業が増えています。

たとえば子どもが幼いうちは短い労働時間で働ける制度、育児休暇を長くとれる制度、また結婚・出産前は正社員として働いていた人が、都合に応じて契約社員やパートなどの雇用形態に変えて働き続けられる制度などが挙げられます。

企業によっては、店舗内に販売員用の託児施設を設けているところもあるようです。

ただし、こうした制度の内容は企業によってだいぶ異なるため、気になる人は事前に調べておくことをおすすめします。