販売員の需要・現状と将来性

販売員の現状

オンラインショッピングの普及により、販売員の置かれている立場は厳しくなってきています。

数十年前と比べれば、人々の買い物のスタイルは大きく変わってきており、実店舗を置かずに商品を売る店も劇的に増えています。

このような時代背景のなかで、販売員にはこれまで以上の接客力と、商品知識が求められるといえるでしょう。

お客さまのライフスタイルや価値観も多様化しているため、販売員自身が成長し、一人ひとりに本当に満足してもらえる接客を心がける必要があります。

多くのお客さまに「ここで買ってよかった」と思わせるだけの「価値」を提供できることが、販売員としての評価につながっていきます。

販売員の需要

実店舗がなくなることはない

オンラインショッピングが普及したとはいえ、いざ街に出てみれば、スーパーマーケットやドラッグストア、アパレルショップ、百貨店などありとあらゆる種類の店舗があり、販売員が働いています。

実際、「この目できちんと商品を見たい」「専門知識を持った販売員にアドバイスしてもらいたい」と考える人はこれからも一定数いるでしょう。

今後いくらオンラインショッピングが主流になったとしても、実店舗がなくなり、販売員がゼロになることは考えられません。

若い世代の需要が多い

販売員は主に若手が活躍する職業で、20代~30代の店員が大多数です。

企業によってはマネージャーや店長としてキャリアアップしていきますが、販売員のまま長く働くのは厳しくなってしまうという現状があります。

同年代の顧客が多い企業やブランドに転職するなど、さまざまな形でキャリアアップを目指していかなければ、販売員として長く働くのは難しいでしょう。

販売員の将来性

販売員は若い世代が中心の職業で、年齢を重ねると離職をする人もあとを絶ちませんでした。

しかし近年では年齢を重ねてもさまざまなキャリアの選択肢ができるよう、各企業が工夫をこらしています。

たとえば、販売員から副店長、店長へとステップアップしてマネジメントにも携わっていくケース、エリアマネージャーあるいはバイヤー、広報といった本社勤務に移るケースもあります。

また、会社によっては優秀な販売員であることを示す独自の称号を設けているところもあり、販売員としてひたすらスキルを磨いていくことも不可能ではなくなってきました。

自分の個性を生かし、将来の目標を見据えながら、着実に成長していくことができるようになってきているといえるでしょう。

販売員の今後の活躍の場

近年では外国人観光客が増えていることなどから、英語をはじめとした外国語の能力が求められるケースも出てきています。

会社によっては、従来のマナー研修などに加え、英語などの語学研修を実施するところも出てきているようです。

こうした研修制度やスキルアップの支援制度などは会社によって大きく異なります。

自分の将来の目標を踏まえ、どのような場所でどのように働くのがベストなのかをよく考えてから勤務先を決めたいものです。