販売員になるには

販売員になるまでの道のり

中途採用も多い

販売員は、学校を出てそのまま企業へ就職する「新卒」の採用の人がいる一方、「既卒」つまり中途採用の枠で就職をする人も少なくありません。

飲食店スタッフやホテルスタッフなど、別のサービス業から転職して販売員になる人もいますし、まったく異なる種類の仕事から販売員への転身を目指す人もいます。

販売員の仕事は特別な資格や特殊なスキルが求められないため、意欲さえあれば、どのような人でも販売員となって活躍できる可能性があるといえます。

ただし、販売員としてプロフェッショナルを目指すのであれば、できるだけ若いうちから現場に出るほうがよいでしょう。

アルバイトから社員になる人も

販売員の仕事では、アルバイトから契約社員、そして正社員といったように、実務経験を積みながらステップアップしていく人も多くいます。

たとえば、学生時代にアパレルショップでアルバイトをし、就職のタイミングでそのまま契約社員となり、さらに経験を積んで社内試験を受け正社員になるといったルートです。

企業によっては、「社員登用制度」を設けているところもあるため、早いうちから志望先が固まっている場合には、学生時代にそこでアルバイトをするのもひとつの方法です。

販売員になるまでのルート

販売員の資格・難易度

販売員になるために特別な資格は必要ありません。

未経験者歓迎という店舗も多いため、まずはこの世界に飛び込んで見ることが大切です。

販売員に必要な資格はある?

販売員になるための学校の種類

販売員として求められる学歴は「高卒以上」「短大卒以上」「大卒以上」など、会社によってまちまちです。

大手のアパレル企業や百貨店では、新卒では大卒の学歴が求められることもありますが、販売職の場合、高卒や短大、あるいは専門学校卒の人が働ける職場も多くあります。

販売員に向いている人

販売員として働く上では、とにかくコミュニケーション能力が求められます。

アルバイトだとしても、接客業の経験者は優遇されるでしょう。

またカルチャーや趣味など、知識が豊富な人ほど歓迎される傾向にあります。

家電量販店であれば、家電や最新機器の知識は接客にも生かせますし、ファッションが好きならアパレルショップでは大いに役立つでしょう。

販売員として働く場合、このように自分が詳しいことや得意分野からお店を選ぶのもよいでしょう。

販売員に向いている人・適性・必要なスキル

販売員のキャリアプラン・キャリアパス

まったくの未経験の場合、まずは店舗に勤務し販売員として経験を積みます。

一定の売上をあげられるようになると一人前と認められ、数年でリーダーや店長に昇格していくのが一般的です。

アルバイトや派遣スタッフの場合も、認められれば正社員への道も開けます。

さらに経験を積むと、エリアマネージャーやスーパーバイザーとなることもあり、本社へ異動して勤務することも夢ではありません。

販売員を目指せる年齢は?

販売員は基本立ち仕事で体力が求められることから20代~30代が中心の仕事です。

年齢を重ねるとマネージャーや店長へとキャリアアップしていく人も多いため、年齢を重ねてからの転職の場合、周囲と差を感じることもあるでしょう。

しかし、近年では高齢の販売員も増えつつあり、年齢を重ねても販売員として働ける道を用意している企業が多くあります。

体力と熱意さえあれば、年齢関係なく働くことができるでしょう。

販売員を目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で販売員を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、販売員の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも販売員が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。

販売員を目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で販売員を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、販売員の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも販売員が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。