販売員に向いている人・適性・必要なスキル

販売員に向いている性格・適性

人と話すのが好き

販売員は接客業の一種であり、勤務時間の大半をお客さまと接して過ごします。

日々、店舗には多くののお客さまが訪れ、販売員はその一人ひとりと積極的にコミュニケーションをとることが求められます。

そのため、人が好きであり、人との会話を前向きに楽しめるかどうかというポイントは、販売員にとって不可欠です。

また、初めてのお客さまと接する機会も多いため、初対面の人ともさほど緊張することなく話せる人や、新しい出会いを楽しめるような人が販売員には向いているといえます。

ヒアリングが上手

毎日多くの人と接する仕事であるため、「販売員は話し上手でなくてはならない」というイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし実際に仕事をしていくうえでは、自分がうまく話せるかどうかよりも、「お客さまの話をきちんと聞けるかどうか」のほうが大切です。

たいていのお客さまは、「○○が欲しい」という目的を持って来店しています。

そうしたお客さまのニーズを掘り起こし、適切に商品をお勧めすることができれば、お客さまの買い物の満足度は上がるものです。

つねに人の話をよく聞き、相手が望むことを察知するのが得意という人は、販売員に向いているといえるでしょう。

流行や新しい情報に敏感

ひとくちに販売員といっても活躍の場は幅広く、最新のファッションを扱うアパレル店もあれば、時代を問わずに使えるベーシックな雑貨を扱う店もあります。

したがって、販売員は必ずしもトレンドに詳しくなくてはならないというわけではありません。

それでも来店されたお客さまに新しい情報や商品を提供するという仕事柄、「いま、世の中で何が求められているのか」を知っておくことは大切です。

新しい情報を仕入れたり、積極的に街を歩いて流行のアイテムを探したりするのが好きな人は、販売員にも向いているといえます。

販売員になるには

販売員に必要なスキル・能力

体力

販売員は、仕事中は基本的に立ちっぱなしです。

バーゲン期間や年末年始の売り出しなど、繁忙期は休憩をとることも難しいため、重労働ではないにしろ体力は必須であるということは覚悟しておきましょう。

商品知識やセンス

販売員は、お客さまに適切な商品を提案したり、要望に沿った商品を見つけたりするため、商品知識やセンスが求められます。

たとえ入社時は何もわからなかったとしても、店頭に立つ以上ある程度の知識やスキルは身に付けておかなくてはなりません。

はじめは研修を受けたり、先輩の接客を見たりして徐々に覚えていきましょう。

販売員に向いていないのはどんな人?

販売員になるにあたって、「絶対にこのような性格でなくてはならない」というものはありません。

販売員は個性が発揮できる仕事であり、販売の現場を見てもさまざまなタイプの販売員が活躍しています。

したがって、どんな人でも販売員になりたい気持ちさえあれば夢を実現することは可能だといえます。