販売員の仕事内容

販売員の仕事とは

販売員は、店舗でお客さまに商品を販売する仕事です。

来店されたお客さまを迎え、商品の特徴や機能について説明を行い、レジでの会計やお見送りまでひと通りの業務を担当します。

また、商品のディスプレイや値札付け、検品、整理整頓、店内の清掃といった業務も販売員の仕事です。

販売員は、お客さまがいつでも快適に、楽しく買い物ができるよう店舗の顔となって働き、できるだけ多くのお客さまに商品を購入してもらい、売上を伸ばしていくことが求められます。

販売員の業務の内容

接客

販売員の一番重要な業務は接客です。

悩んでいるお客さまに対してアドバイスをしたり、的確な商品を選んだりすることで、売上のアップを目指します。

レジ打ち・金銭管理

レジ打ちや金銭の管理も販売員の仕事です。

場合によっては、売り上げの管理や本部への報告も行います。

品出し・在庫管理

販売員は、どの商品がどこに陳列しているかを正確に把握していなくてはなりません。

また、在庫がどれだけあるかを確認し、天候や売れ筋をみながら新しい商品を発注することも重要な仕事です。

店舗レイアウト

本部や本社から指定されている場合もありますが、店舗によっては商品の配置やレイアウトも販売員自身が行うこともあります。

販売員の役割

販売員にとって大切なのは、的確なアドバイスを行いながら商品をおすすめすることです。

ただ商品を買ってもらいたいからといって、相手の思いを考えずに「押し付ける」のではなく、お客さまが必要としているものや、望んでいることなどをきちんと把握しなくてはなりません。

お客さまのなかには、来店前から買う商品をすでに決めている人もいれば、「ちょっと覗いてみよう」「良いものがあれば買おう」と思って来店する人もいます。

また、いざ店舗に来るとさまざまな商品のなかから、どのような商品を購入すればよいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

こうした人たちに対し、販売員は「接客のプロフェッショナル」として声をかけ、相手の困りごとや好み、生活スタイルなどをヒアリングしていきます。

そのうえで適切な商品をお客さまに提案し、少しでも購入につなげるのが大きな役割です。

販売員の勤務先の種類

販売員の仕事先は、アパレルショップや雑貨店、家電量販店、百貨店、書店、ドラッグストア、ホームセンターなど多岐に渡ります。

なお、同じアパレル関係の店であっても、百貨店内に入っているブランドショップもあれば、セレクトショップ、量販店など形態はさまざまです。

どのような場で働くにしても、お客さまに満足していただくための接客スキルを磨いていくほか、自分が働く店舗に置かれる商品の知識を身につけていく必要があります。

販売員と関連した職業

店長

販売員として働く場合、マネージャー職や店長へとキャリアアップしていきます。

店長になると、売上管理、スタッフのマネジメント、商品や在庫の管理、クレーム対応など店舗の運営に関わることすべてに責任を持ちます。

その分給料もアップしていくため、店長を目指す人も多いです。

店長になるには、地域の数店舗をまとめるエリアマネージャーやブランドマネージャーなどを経ることが多く、まずはこの仕事を目指す人が大半です。

実演販売士

実演販売士とは、家電量販店やホームセンターなどで、実際に商品を使ったりパフォーマンスをしたりしながら、商品の特長などを説明し販売をする仕事です。

近年では実演販売士の活躍が目立ち始め、テレビやインターネットなどでタレントのように活動している人もいます。

一般的な販売員よりも、人前で話すのが好きな人、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力に長けている人が向いているでしょう。

実演販売士の仕事