販売員の1日のスケジュール・生活スタイル

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

販売員の業務スケジュール

シフト制での勤務

販売員の働くお店はジャンルも営業時間もさまざまですが、営業時間が長いところでは基本的にシフト制がとられ、スタッフが交代で勤務します。

多くの店舗では、営業時間の前後には店の掃除や雑務をこなすため、前後1時間ほどが勤務時間として含まれます。

接客しながらさまざまな作業をこなす

販売員の主な仕事は接客ですが、それ以外にも、開店や閉店の準備、商品の整理や品出し、レジ打ちなどさまざまな業務があります。

他にもスタッフがいる場合は手分けをして作業することができますが、休憩などで販売員が一人しかいない場合は、すべてを自分だけでこなさなくてはなりません。

とくに夕方から夜間にかけては、仕事帰りのお客さまが増えるため接客に時間をとられることも少なくありません。

そのため、土日などを含め忙しい時間帯にはアルバイトやパートを雇うこともあり、指導をしたり、仕事を分担したりしながら業務を進めていきます。

家電量販店で働く販売員のある1日

9:30 出勤
開店の30分前には出勤し、制服に着替えます。
9:45 朝礼
早番スタッフで朝礼を行い、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などの声出しをします。
10:00 開店
朝一番でいらっしゃるお客さまには「おはようございます」と元気に挨拶し、ドアを開けてお出迎えをします。
10:30 品出し
品出しなどの作業は、お客さまが比較的少ない午前中にすることが多いです。

接客の合間を見ながら、届いた商品を店頭に並べ、売り場を見やすいように整えます。

12:00 接客
お客さまからは、商品が置いてある場所や商品の機能の特徴など、さまざまな質問が飛んできます。

不明点はすぐ確認し、ていねいな対応を心がけます。

13:30 休憩
14:30 レジ打ち
お客さまが増えてきたため、レジを一つ開放して入ります。

お客さまをお待たせしないように常にフロアの様子には気を遣います。

16:00 ディスプレイ変更
上司から、より強く販売していきたい商品について指示が入ったため、その商品が目立つようにディスプレイを変更します。
17:30 アルバイトに仕事を教える
最近入ってきた新人アルバイトさんに、仕事の流れを説明しながら指導・フォローします。
19:00 退勤
遅番スタッフに連絡事項や業務を引き継いで勤務終了です。

アパレルショップで働く販売員のある1日

10:00 起床
遅番のためゆったりと起床します。
11:30 出勤
身だしなみを整えて、お客さまの前に立つ準備をします。
12:00 勤務開始
早番スタッフから連絡事項を聞き、簡単なミーティングで当日の売上目標などを確認します。
13:00 接客
お客さまが来店されたら元気に挨拶し、積極的に声をかけます。
14:00 入荷商品の検品
平日の日中はお客さまも少ないため、商品管理や店内のディスプレイを整えるなどの作業を進めます。
16:00 休憩
17:00 接客
夕方以降は、学校帰りの学生さんなどで徐々に店が混みあうため、フロアの様子をよく見ながら接客していきます。
18:30 店内を軽く清掃
接客をしながら、店内のゴミを拾ったり、汚れが目立つところがあれば清掃したりします。
20:00 閉店
お客さまが全員帰られたらレジを締め、清掃を行って勤務は終了です。

販売員の勤務時間・休日