家電販売員の仕事

家電販売員とは

家電販売員は、おもに家電量販店に勤務する販売員のことをいいます。

テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機といった大型の家電をはじめ、パソコン、携帯電話、掃除機、扇風機といったありとあらゆる家電を取り扱う店で、来店されたお客さまの接客と販売を行います。

家電量販店は大型店舗が多く、販売員は担当商品や担当フロアを持って働くことが大半です。

担当商品についての知識は深めておかなくてはなりませんが、お客さまからは担当以外の商品の問い合わせを受けることもあるため、幅広い家電の知識を備える必要があります。

家電販売員として働くには

家電販売員になる方法としては、家電量販店への就職が一般的といえるでしょう。

新卒の正社員を募集する企業もありますし、中途採用も活発に行われています。

未経験者でも家電販売員になれるチャンスが多々あり、求人サイトや求人誌にも情報は多数出ています。

また、正社員以外に、契約社員や派遣社員、アルバイト・パートとして働く人も大勢います。

派遣の場合、人材派遣会社から派遣されて働く人のほか、家電メーカーの社員が自社商品の売上をアップさせるために家電量販店へ派遣されて売り場に立つ姿もよく見られます。

家電販売員の仕事は大変?

さまざまな種類の店舗で働く販売員のなかでも、家電量販店で働く販売員の仕事はきつくて大変といわれることがあるようです。

その理由はいくつか考えられますが、扱う商品の数が多いことや、新製品が出るスパンが比較的早く、覚えることがたくさんあること、キャンペーンが頻繁に行われ、その準備や対応に追われがちなことなどが挙げられます。

また、社員として働く場合には、個人ノルマが課せられることが多いというのも、この仕事が大変だといわれる理由のひとつになるかもしれません。

さらに男性販売員が多く、年齢層も比較的高いため、店によっては体育会系の雰囲気が強いという特徴もあるようです。