文系のゲームプランナー

文系・理系はほとんど関係ない

ゲーム制作の仕事に就くのに、文系・理系はあまり関係ありません。

一般的にはゲームクリエイターは理系のイメージが強いかもしれませんが、文系出身者も多く活躍しています。

プログラマーなど、職種によっては理系出身者の割合のほうが大きいものもありますが、それでも就職試験の応募資格として「学部・学科は不問」といった求人も多数出ています。

そのなかでも企画職となるゲームプランナーは、とくに文理を問われることはほとんどないと考えておいてよいでしょう。

ただし、一部の大手ゲームメーカーでは、ゲームプランナー職は「大卒以上」の学歴を応募条件としているため、学歴については大学を卒業するほうが応募できる企業の選択肢が増えるでしょう。

有利になる学部や学科はある?

ゲームプランナーを目指すうえで、特別有利になる学部や学科はないといえます。

ゲームプランナーは、発想力、マーケティングスキル、基本的なPCスキル、プレゼンテーション能力などが求められますが、これらはさまざまな学部・学科で身につけることができます。

幅広い知識や教養が必要になってくるため、どちらかというと文系のほうが近いところもあるかもしれません。

しかし、プログラミングやデザインを学んでゲームプランナーになるような人もいますし、現在活躍しているゲームプランナーの出身学部はさまざまです。

どのような学校に進むべき?

ゲームプランナーを一直線で目指したいのであれば、専門学校のゲームプランナー学科で学ぶか、大学に進学しておくとよいでしょう。

何を学んだかというのも大事ですが、学生時代に多様な価値観に触れ、多くの人と接し、さまざまな趣味を持って自分の引き出しを増やすことが重要です。

そして、将来ゲーム制作に携わるうえで何をしていきたいのか、どのようなゲームを作りたいのかといったことまで日ごろから考えておくとよいでしょう。

ただし、プログラマーやサウンドクリエイターといった「開発職」への興味もあるのであれば、関連する知識・技術をみっちりと学び、就職につなげやすい専門学校への進学も検討してみるとよいでしょう。

ゲームプログラマーの仕事
サウンドクリエイターの仕事

本気で頑張れば、経験を積んだのちに開発職からプランナーになることも不可能ではありません。