アルバイトのゲームプランナー

アルバイトで働くゲームプランナーもいる

ゲーム業界は若い人が多く活躍していることもあり、正社員以外にアルバイトとして働く人もたくさんいます。

とくにソーシャルゲームの需要が大きくなっていることもあり、新しいヒット作を生み出すためにゲームプランナーのニーズは増しているようです。

ただし「アルバイトのゲームプランナー」といっても、先輩ゲームプランナーのアシスタントとしての役割を任せられることもあれば、経験豊富な人の場合は正社員と同じような仕事をしていることもあります。

また、ゲームの企画や仕様作成だけでなく、開発チームのディレクションやマネジメントなど、会社によってプランナーが担当する業務範囲は異なってきます。

アルバイトのゲームプランナーとして働くには

アルバイトのゲームプランナーの求人は、おもに一般的な求人情報サイトや、ゲーム関連会社の採用ホームページに掲載されています。

応募資格は会社によって異なりますが、WordやExcelが使える程度の基本的なパソコンスキルがあればOKというところもあるようです。

資格が必要となることはほとんどないでしょう。

もちろん、ゲーム制作の知識があれば歓迎されます。

アルバイトの場合は未経験者でも採用されることも多く、初めてゲーム業界で働こうとする人や、ゲームプランナーとしての経験はない人にもチャンスが広がっています。

アルバイトから社員になる人も

ゲーム業界における職種はどれも人気があるため、正社員としての就職は難しい場合があります。

しかし、アルバイトからキャリアをスタートし、経験とスキルを積み上げて正社員へ転職する人もいます。

アルバイトであってもゲーム制作の実務経験がある人は、その後の転職活動で有利になりやすいといわれています。

また、会社によっては社員登用制度を設けており、頑張りが認められると社内でそのまま正社員になれるところもあります。