エディトリアルデザイナーの勤務時間・休日

勤務時間

エディトリアルデザイナーの勤務時間は、勤務先の企業にもよりますが、10時から19時くらいが一般的とされています。

ただし、出版業界はつねに忙しく動いており、定時で仕事を終えて帰宅できることはあまりないと考えておいたほうがよいでしょう。

出版は締切に追われる仕事であり、とくにエディトリアルデザイナーが予定通りに仕事を進めないと印刷・製本などの後工程に影響が出てしまうため、無理をしてでも仕事を終わらせるということになりがちです。

正社員の場合、毎日帰りは終電近いと話す人もいます。

職場の体制にもよりますが、アルバイトであっても先輩のアシスタント業務や雑用などで、多少の残業が発生する可能性があります。

休日

エディトリアルデザイナーの休日は、基本的には土・日曜日が休みとなる週休2日制が一般的です。

しかし、休日出勤は毎週ではないものの、月に何度か発生する職場もあるようです。

一つの案件が終わっても、すぐに次の案件に取り掛からなくてはならないことが多く、よほど人員に余裕がある職場以外では長期の連休はとりづらいかもしれません。

エディトリアルデザイナーは激務?

エディトリアルデザイナーは、全体的に見ると、激務であるといえるでしょう。

とくに出版社の下請けとなる編集プロダクションは、膨大な案件を抱えており、急ぎで対応しなくてはならない場面も増えるため、徹夜続きで働くような人もいるようです。

一方、一般企業の広報部で広報誌やフリーペーパーの制作をするなど、あまり納期が厳しくない仕事に携わる場合は、そこまで忙しくはならないことが多いでしょう。

複数のエディトリアルデザイナーがいる職場では、下っ端となる若手社員は残業や休日出勤が増える傾向にあります。

昇進して部下に仕事を任せつつ、自分で仕事をコントロールできるようになると、それまでよりも休みを取りやすくなるようです。

多忙であることは確かですが、この仕事は好きでやっている人が多いため、つらい状況でも何とか続けられると話す人も少なくありません。

ただし、年齢を重ねていくと体力的に厳しくなっていくため、経験を積んでから会社を辞めてフリーランスになったり、アートディレクターなど上位職へのステップアップを目指す人が多いようです。