コラムニストとジャーナリストの違い

コラムニストジャーナリストの仕事内容の違い

ジャーナリストとは

コラムニストのなかにはジャーナリストとして活躍する人も数多く存在します。

そもそも「ジャーナル」とは「日刊」をあらわすラテン語が語源で、日刊新聞、週刊誌、月刊誌などの「定期刊行物」という意味です。

つまり「ジャーナリスト」とは新聞や雑誌などのメディアへ定期的に記事などを提供する人のことになります。

また、ニュースや事件、事故、出来事などを取材し、記事や番組などを広く伝える言論活動を「報道」といい、報道機関やその活動、業界を総称して「ジャーナリズム」といいます。

ジャーナリストには報道機関に勤務する人もいれば、フリーランスも存在します。

明確な違いはありませんが、報道機関の社員であれば「記者」、独立すると「ジャーナリスト」と呼ばれるのが一般的です。

ジャーナリストは徹底的な取材で事実を追究し、現状や関連事項を報道するため、報道姿勢や報道能力が問われる職業です。

勝手に自称する場合をのぞき、社会的に認められた存在であるといえるでしょう。

コラムニストとの違い

定期的に新聞や雑誌などのメディアへ記事などを提供するという点においては、コラムニストの業務内容も同じです。

一般的には、ニュースのような時事的、社会的な記事を客観的に執筆する人をジャーナリストといい、客観的な事実をふまえたうえで主観的な意見もまじえたコラムを執筆する人をコラムニストと呼びます。

ただし、ジャーナリストがコラムを書くこともあれば、コラムニストが定期刊行物のメイン記事を担当することもあり、コラムニスト兼ジャーナリスト、ジャーナリスト兼コラムニストも存在するのです。

コラムニストとジャーナリストには提供する記事がコラムかニュース(またはメイン記事)かという違いはあるものの、実際にどちらを名乗るかは本人の意志や社会的認知によるといえるでしょう。

ジャーナリストの仕事

コラムニストとジャーナリストのなる方法・資格の違い

コラムニストになるには、新聞記者や雑誌編集者が独立する方法、ブログやSNSなどを活用してコラムニストになる方法などがあります。

ジャーナリストの場合は、まず新聞社テレビ局出版社等に入社し、のちに独立するという流れです。

有力新聞、有力雑誌などと契約するには、自社出身のジャーナリストが有利なため、まずは報道について学んだり記者経験を積んだりするのが一般的です。

コラムニストとジャーナリストの資格・必要なスキルの違い

コラムニストもジャーナリストも、特別な資格は必要ありません。

ただし、ジャーナリストになるためには報道機関への就職試験をパスしなくてはならず、文章力のみならず時事問題や一般教養などの勉強が必要です。

コラムニストとジャーナリストの学校・学費の違い

コラムニストになるために特別な学歴は必要ありません。

一方、ジャーナリストを目指す場合は、大学進学が不可欠です。

新聞社、放送局、出版社は「大卒以上」を採用条件としているためで、さらに大手マスコミ会社を目指すのであれば、難関大学を出ておくに越したことはないでしょう。

コラムニストとジャーナリストの給料・待遇の違い

コラムニスト、ジャーナリストともに会社に所属せずに働くため、安定した給料は得られません。

記事を書いた報酬にあたる原稿料が主な収入源で、仕事量に対して報酬が支払われるため、不安定な生活を強いられることもあります。

どちらの場合も、多くの人の心を打つ文章を書いたり、知名度がアップしたりすれば、仕事は増加し、原稿料もアップしていきます。

コラムニストとジャーナリストはどっちがおすすめ?

コラムニストが書くコラムに対し、ジャーナリストが書く記事はニュースや時事問題を負いながら解説や背景などを文章にしていきます。

コラムニストもジャーナリストも政治、経済、社会、スポーツ、芸能、文化などさまざまなジャンルで活躍しますが、ジャーナリストはより報道に近いのが特徴です。

事実を書くために取材やインタビューをすることも多く、ジャーナリストが投げかけた問題が社会問題として取り上げられることも珍しくありません。

一方、コラムは事実だけではなく、個人的な分析・意見を含むことが多く、人生相談コーナーやおすすめのものやイベントを紹介するコーナー、エッセイなどを手掛けることもあります。

コラムニストのほうがより内容に関する自由度は高く、執筆範囲も広いといえるでしょう。