理学部で学ぶこととは? 学科・就職先・志望理由の例文を紹介

(読了時間:16分1秒)
理学部は、さまざまな自然現象を理論的に解明し、社会や地球上で起こっている問題への解決策を模索する学問です。

とくに、社会や地球上で起こっている諸問題への解決策をテーマとしている人が多いです。

ここでは、理学部で学ぶこと、学科、志望理由、就職先、大学選びのポイントなどを解説します。

理学部とは

理学部は、さまざまな自然現象を理論的に解明・証明し、自然科学について探求していく学部です。

高校までで学んできた数学、物理、化学、生物といった理数系科目をさらに深め、より専門的に学びます。

理学という学部名ですが、扱う分野は「理科」よりもさらに広くなります。

地球上では常にさまざまな自然現象が起きており、中には解明されていない現象も存在します。

そこで理学部では、既存の理論についての検証や、未解明の事柄についての研究を行います。

一例として、授業では微分積分、線形代数、統計といった数学や、物理学・化学・生物学・地学の基礎を教養科目として学科共通で学ぶことが多いです。

理学部を目指す人は、高校までで理数系の科目が好きだったため、大学でより深く学んだみたいと考えるケースが多いようです。

科学的な興味関心が高く、物事の本質をとことん追究したいタイプの人に向いている学科です。

専門性が高くオタクのイメージを持たれる場合がありますが、入学してみるとそれほどでもないと感じる人が大半です。

就職先としては、情報通信系やIT系、メーカーなどの製造業、教育関係が多い傾向があります。

理学部の理念

理学(サイエンス)は、自然の成り立ちを解明し、人類の自然についての知識を豊かにするとともに、社会の進歩に貢献することを目指す学問です。

理学を構成する要素
  • 数学
  • 物理学
  • 化学
  • 生物学
  • 地球科学

理学部では、知的好奇心を持ちながら、自然の中の真理とその美しさを探究し、それぞれの分野の秘密を解き明かしながら、社会や地球上で起こっている諸問題への解決策を模索します。

そして、科学の発展に貢献するとともに、社会の要請に答えられる一流の人材を輩出することを目指します。

理学部で学ぶこと、勉強すること、授業内容、卒論

理学部で学ぶこと

理学部では、数学、物理学、化学、生物学といったそれぞれの理学分野の基礎理論を学びながら、論理的な思考力を身につけていきます。

各学科ごとに講義内容は異なりますが、1年次は数理・科学全般の基礎科目を通じて、理学の探究に必要な基礎知識を身につけると同時に、一般教養・社会常識・国際感覚を身につけるための科目などが置かれています。

理学を突き詰めていくうえでは複数の専門分野にまたがる知識が必要となるため、幅広い見識を身につけることが重視されます。

年次が上がると、各学科で専門科目のコマ数が増え、より応用的な内容を学びます。

一部の国立大学では、他大学との単位互換制度を置き、各大学の特色ある科目を受講できるようになっています。

理学部の授業内容

理学部では、自然科学全般についての見識を深めるための授業が行われます。

物理学科の授業の例
  • 力学
  • 波動論
  • 電磁気学
  • 応用解析
化学科の授業の例
  • 有機化学
  • 無機化学
  • 生物化学
  • 分析化学
生物学科の授業の例
  • 生物化学
  • 分子生物学
  • 細胞生物学
  • 微生物学

このほか、教職科目や実験の基礎を学ぶための授業も行われています。

理学部の卒論の例

  • 平面閉曲線の位相不定量について
  • 神経・肝疾患等における脂質代謝酵素の機能についての研究
  • 強磁場中急冷却の開発と性能評価
  • 量子閉弦と重力子状態
  • 炭酸カルシウムの結晶成長速度に及ぼす各種因子
  • サンゴ幼生の遊泳の特性
  • 理学部で学んだことの口コミ

    • 個々の現象に分解し、最も考慮しないといけないことから手をつける論理的思考が身についた。
    • 時間は絶対的なものではないことなど、日常の感覚では捉えられないようなことを学びました。
    • 地質や地震について知識が身につき、賃貸物件を探す際にはその場所が災害に強いか地層や地形から判断できる。
    • 半導体関係の会社に就職したので、物理学全般の基礎的な知識が役に立っている。
    • 日常生活や仕事において「なぜ?」を考える習慣が身につき、問題解決能力が高くなった。
    • 料理をする際に、下ごしらえや仕込みを含め、調理の手順などを手早く効率よく考えられるようになった。

    理学部の主な学科・分野と概要

    数学科

    数学を支える柱である「解析」「代数」「幾何」に沿った講義と演習を行い、数学的思考力と情報技術を兼ね備えた人材を育成します。

    物理学科

    素粒子から宇宙まで幅広く追究し、物理学の基礎知識を身につけ、次世代をリードする新しい技術を見出せる人材を育成します。

    化学科

    有機、無機、分析や物理化学の基本的な実験を行いながら、物質の性質や変化を体験し、化学に対する高度で幅広い知識と技術を習得するとともに、最先端科学を探求します。

    生物学科

    あらゆる生命現象について学び、生命現象の普遍性と多様性やそれらの進化的意義を認識し、生命の尊厳を理解できる人材を育成します。

    地質科

    地球表層部を構成するあらゆる物質を探り、グローバルな視点から地学現象を体系的に解明することを目指します。

    理学部で学ぶ学問分野・概要

    数学

    代数学系
    線形代数など代数全般について理解を深めます。

    幾何学系
    微積分や位相、集合など幾何学全般について理解を深めます。

    解析学系
    確率や統計学、プログラミングといった解析に必要な知識について学びます。

    物理学

    物質系
    物質の性質について、構成する原子分子の性質から研究します。

    原子核・素粒子系
    原子核を作っている陽子や中性子の性質から、物質の起源や宇宙の成り立ちについて追究します。

    地球・宇宙系
    物理学の手法で地球や宇宙の成り立ちや行く末について解明していきます。

    化学

    有機化学系
    有機化合物の性質や合成法について研究します。

    無機化学系
    周期表にある元素のうち、とくに金属元素を中心に研究します。

    物理化学系
    物質の構造や性質、反応について実験と解析を通じて研究します。

    生物学

    進化系
    生物がどのように進化してきたのかを研究します。

    植物系
    さまざまな植物の発育成長や環境問題の影響などについて研究します。

    発生系
    生殖の仕組みや遺伝子についての研究を行います。

    理学部で目指せる主な資格

    理学部で目指せる主な資格
    • 毒物劇物取扱責任者
    • 測量士補
    • 教職員免許
    • 衛生工学衛生管理者
    • 危険物取扱者(甲種)
    • 設備士
    • 測量士
    • 作業環境測定士

    毒物劇物取扱責任者と測量士補、教職員免許については、所定の学課を修了し単位を取得すれば、卒業時点で取得可能な資格です。

    その他の資格については、卒業すれば受講・受験資格を得ることができます。

    なお、測量士や作業環境測定士のように、取得するには実務経験が必要なものもあります。

    理学部の大学選びのポイント

    理学部の学域は広く、学科によって研究内容が大きく異なります。

    「数学を深く学びたい」「宇宙のことを研究したい」といったように、自分がどのような研究をしたいのか明確にしておくことが大切です。

    その上で、学びたい内容の学科が設置されている大学を選ぶようにしましょう。

    ゼミの研究テーマや卒業生の卒論テーマを大学ホームページで確認するなどして、興味のある分野の研究ができそうか調べておくことも重要です。

    なお、たとえば数学科や物理学科といった多くの大学に設置されている学科を目指すのであれば、たいていの場合は入学時の難易度、つまり偏差値を目安に志望校を絞り込むことも少なくありません。

    理学部の入試方法・受験科目

    社会学部の入試では、他学科と同様に筆記試験が行われます。

    受験科目は基本的には英語・数学・理科から選択します。

    志望する学科によって、たとえば数学科であれば数学が必須になっているなど若干の違いがあります。

    理学部と聞くと理数系の科目が重視されるイメージがありますが、英語の論文を読む機会もありますので、英語の試験も行う大学が少なくありません。

    英語の学力に加えて、さらに理数系の科目の学力も身につけておく必要があると考えていいでしょう。

    理学部の学費

    理学部は学科によって研究が大きく異なるため、実験など特別な研究費用が必要かどうかによって学費が大きく異なります。

    数学科などは文系学部と学費にあまり差がありませんが、

    中央大学理工学部の例

    1,808,000円(入学金240,000円、前期授業料1,175,700円、後期授業料775,500円、実験実習費109,600円、施設設備費267,700円、諸経費15,000円)
    4年間で6,512,000円 

    理学部の志望理由、例文、面接

    理学部の志望動機

    理学部といっても、学科ごとに学ぶ内容はだいぶ変わってくるため、理学部を選択する人は、各分野への強い興味・関心を持っていることが多く、それがそのまま志望理由となっています。

    たとえば、子どもの頃から地球環境について関心があったり、自然の成り立ちや生命のしくみをもっと探究していきたい、新しい技術を生み出したい、といった思いを持っていたりします。そんな思いをきっかけに、この学部に進学する人が多くなっています。

    理学部の入試は理系科目が中心となっているため、高校の時点ですでに理系に進路を固めている人が多いです。

    また、大学ごとに特色が大きく異なるため、早くから「この研究室に入りたい」という目的意識を持っていたり、その先の大学院進学を見据えて大学を選択するという人もいます。

    理学部の志望動機の例文

    私は、小学生の頃に天体望遠鏡で月を観察して以来、宇宙に興味を持ち続けてきました。

    大学では宇宙の成り立ちを研究したいと考えています。

    近年、ロケット技術や無人探査機の進歩により、イトカワやリュウグウといった小惑星の調査が始まるなど、宇宙に関する話題をよく耳にするようになっています。

    今後、科学技術が進歩していく上で、宇宙の成り立ちに関する研究は大きな役割を果たすを考えています。

    その一員として研究に携わってみたいという思いから、理学部宇宙物理学科を志望いたします。

    理学部のAO・推薦入試の面接で聞かれること

    理学部の面接では、学科・専攻に関する口頭試問が行われることがあります。

    専攻分野に関する基礎的・常識的な知識を問われるほか、面接前に小論文試験を実施している場合は小論文の内容に関わる質問をされる場合もあります。

    図やグラフを用いた質問や、解答に簡単な計算を伴う質問をされる場合もあります。

    こうした口頭試問は、基礎的な素養や適性を見極めるだけでなく、受験者の意欲や解答に至る思考プロセスを多角的に評価し、判断されるケースが多いと考えていいでしょう。

    なお、他学部の面接と同様、学部学科の志望動機も聞かれる可能性が高いため、過去のエピソードや自身の興味関心と関連づけた志望動機を用意しておく
    ようにしましょう。

    理学部の志望理由の口コミ

    • 数学が好きで、フェルマーの最終定理の証明などにも興味があったため。
    • 小学生の頃から理科に興味があり、大学では化学の研究をしたいと思っていたから。
    • ノーベル賞を受賞したニュートリノの研究成果に感動し、物理学を専攻したいと思ったから。
    • 食品メーカーで研究職に就きたいという目標があったので。
    • 物事の本質を突き詰めて考えるところに、学問としての奥深さを感じたから。

    理学部の雰囲気・男女比

    理学部は、かなりの大学において、圧倒的に男性のほうが多い学部のひとつとなっています。

    女性の割合は1割〜2割程度となることも珍しくなく、女性が理学部を目指す場合、そうした独特の環境で4年間を過ごすことになるであろうことは事前に理解しておいたほうがよいでしょう。

    ただし、学科によっても男女比は若干異なり、数学科よりは、生物学科や化学学科のほうが女性の割合が高くなっていることが多いようです。

    また、大学によっては女性が3割程度在籍しているところもあります。

    理学部は、講義に加えて実験も多く用意されているためレポート作成に追われたり、研究室に入ってからはとくに忙しい日々を過ごすことになりがちです。

    探求心旺盛で、勉強にしっかりと打ち込みたいと考える人も多く集まっていることから、学部全体が華やかというよりは、真面目で実直な雰囲気があるようです。

    理学部の雰囲気・男女比の口コミ

    • 男子学生が多い。学科によっては女子がかなり少ない。
    • まじめな感じの人が多いが、サークルに入って学生生活を楽しんでいる人もいる。
    • オタクっぽい人ばかりと聞いていたが、入学してみたらそうでもなかった。
    • 女子は「リケジョ」な雰囲気の人は少数派で、ごく普通の大学生という印象。
    • 自分の興味関心のあることをとことん追究するタイプの人が多い。

    理学部の楽しいこと・大変なこと・つらいこと

    理学部を志望する人の多くは、高校までで興味関心のあることを研究するという目的をもって入学してくるため、知りたいことをとことん追究できて楽しいと感じているようです。

    個人では用意することが難しい専門性の高い機器や高額な設備を使って研究を進められるので、理学部に入って良かったと感じる人もいるようです。

    また、ゼミや研究室が少人数のこともあり、同じ研究室の仲間と楽しく研究を進められる点も、理学部ならではの楽しさかもしれません。

    反対につらいこととして、実験がメインの学科では研究室に常にいるような状態になりやすく、世の中の変化に疎くなったり、他学部との交流がほとんどなくなってしまったりすることもあるようです。

    また、研究分野によってはレポートが手書き作成のことをあるため、レポート提出のたびに時間がかかって大変だったという声もあります。

    理学部の楽しいことの口コミ

    • 興味があることをとことん深く追究できる。
    • 専門的な設備や最新の機器を使って実験に取り組める。
    • 同じ研究室の人と少人数で仲良くやっていけるところ。

    理学部のつらいことの口コミ

    • 研究室での実験がメインになってくると、缶詰状態になりやすい。
    • 学科によるが、レポートや卒論が全て手書きだとかなり大変。
    • 大学によっては他学部と研究室が離れていて学部内しか交流がない。

    理学部の口コミ一覧

    理学部の就職先、業界、目指せる職業・仕事、進路

    理学部の就職先

    理学部では、卒業生の半数近く、あるいはそれ以上の人がさらに専門性を究めるために大学院へと進学しています。

    大学院に進んだ場合、博士課程を修了して研究者の道を進むか、どこかの時点で民間企業や公務員として就職をする道の2通りが考えられます。

    大学院進学以外の進路としては、学部卒業後、民間企業へ就職することが一般的となっています。

    出身者が多い業界は学科によっても異なりますが、数学科であればIT関連企業やシンクタンク、物理学科は電気・精密・機械等のメーカー、化学科は医薬・化粧品、製薬関連会社へ就職し、研究・開発職に就く人が多くなっています。

    専門性の高さが企業からも認められ、たとえ就職氷河期といわれる時代でも、就職実績は良好のようです。

    そのほか、中学や高校の数学・理科の教師になったり、公務員として官公庁で働く人もいます。

    理学部の就職の状況と需要

    理学部の就職状況は、よく工学部と比較されます。

    モノづくりに直結する工学部と違い、理学部の研究内容は抽象度の高いものが多いためか、就職では不利と言われることもあります。

    しかし、専門性の高い研究に取り組んできた理学部の学生は企業からの需要があり、メーカーや製薬会社、医薬・化粧品会社など、理系の知識を活かせる分野の仕事に就く人も少なくありません。

    また、大学で学んだ専門性を直接仕事に活かすことがなかったとしても、研究を通じて得た論理的思考を活かしてビジネスの世界で活躍する人もいます。

    なお、文系学部と異なり、理学部の学生は修士・博士課程へと進むことを前提として研究を進めているケースのほうが多いです。

    学士の4年間で就職するのが一般的な文系の学部とは事情が異なりますので、卒業生の就職状況を確認する際は院卒生の進路も含めて参考にしましょう。

    理学部の就職以外の進路

    就職以外の進路としては、大学院への進学が一般的です。

    修士や博士課程の修了を前提として研究を進める人も多く、学部全体として大学院への進学率が高いと考えていいでしょう。

    また、博士課程修了後にポスドクとして研究室に入るなど、本格的に研究者としての道へ進む人もいます。

    理学部の就職の状況の口コミ

    • 研究室の教授の紹介で就職した先輩もいた。
    • 工学部よりも就職に不利と言われたことがあったが、実際はそうでもなかった。
    • 大学での研究者への道を断念して民間企業の研究職に就く人もいる。
    • 数学科は専攻にこだわらず幅広い就職先を検討している人が多い印象。
    • 絶対に研究職しか就きたくない、という人はむしろ少数派だった。

    理学部から公務員を目指せる?

    理学部から公務員を目指すことは、もちろん可能です。

    行政の事務職などであれば、学部や学科に関わらず、試験を受けて合格することで公務員になることができます。

    公務員には化学系の知識を要する仕事もありますので、学科で学んだ専門知識を活かして働くこともできます。

    また、教員であれば中学理科や高校化学・生物・物理など、専攻を活かした進路選択をすることも可能でしょう。

    ただし、理学部の授業やゼミで公務員を目指す人へのフォローがあるわけではありませんので、自分で目標を定めて研究とは別に勉強を進める必要があります。

    勉強時間の確保という点では、研究で忙しい学科の場合は大変なこともあるかもしれません。

    理学部の卒業生の感想

    理学部は研究内容の抽象度が高いことから、就職などにおいて実社会で役立てることは難しいと言われたりしますが、研究を通じて鍛え上げられた論理的思考は、さまざまなところで役立てることができるようです。

    また、とくに文系学部と比較するとレポートの数や研究にかける時間が多いため、学生生活全般が忙しくなりやすく、研究中心になっていく面があります。

    その分、専門性の高い知識を身につけることができ、将来的に仕事で知識を活かしている人もいるようです。

    近年は理系学部の専門性が見直されている世の中の動きもあるため、理学部卒であることが「頭がよさそう」といったプラスのイメージになることも少なくありません。

    理学部の卒業生の感想

    • 研究を通じて「なぜ?」と本質的な問いを立て、論理的に考える習慣が身についた。
    • 決して派手さはないものの、研究に没頭して充実した学生生活を送ることができたと思う。
    • 学生生活全般が忙しいので、サークルに夢中になっている人は留年したりしていた。
    • 理学部は「頭がよさそう」というイメージを持っている人が意外と多い。
    • 専門性を活かして就職することができ、仕事でも専攻を活かすことができている。

    理学部と工学部の違い

    理学部は自然科学の原理・原則を深く探求し、本質に迫ろうとします。

    これに対して、工学部はすでにある法則を利用して活用・応用することを目指します。

    ノーベル賞の事例では、ニュートリノの質量解明は理学分野での研究成果、青色LEDの発明は工学分野での研究成果になります。

    今すぐに役立つような、技術的な課題を解決するのは工学部の研究成果であるケースが多いと言えます。

    ただし、理学部の研究が世の中の役に立たないわけでは決してありません。

    本質的な原理・原則の解明が、100年後の科学を変えるきっかけになることも少なくないのです。

    理学部で教員免許はとれる?

    理学部で小学校・中学校・高校の教員免許を取得できます。

    教員免許を取得する場合、各学科の必修科目に加えて教職課程の単位を取る必要があります。

    そのため、教職を取らない学生に比べて受ける授業数が増え、負担は増えます。

    学科によってはそもそもレポートの数が多いなど忙しい面がありますので、サークル活動やアルバイトなど、学業以外の活動の時間を取るのは大変になるかもしれません。

    なお、大学卒でも院卒でも教員になることはできますが、最終的に教員採用試験に合格することが必須となりますので、そのための勉強時間を考慮して準備を進めていく必要があります。

    理学部で学ぶことのまとめ

    理学部には化学科以外にも数学科や物理学科、生物学科など、さまざまな学科があります。

    興味関心のある分野がある人は、理学部でより深く探求していくこともひとつの選択肢です。

    研究に没頭する忙しい学生生活になるかもしれませんが、充実した大学時代を過ごせるでしょう。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント