国際学部卒業生の口コミ・体験談・就職先まとめ

(読了時間:1秒)
某地方大学 国際学部 コミュニケーション学科卒業生の体験談・口コミ

コミュニケーション学科を目指した理由

国際学部コミュニケーション学科を目指した理由は、英語が好きだったからです。

小さい頃からアメリカのドラマが好きでみていたため憧れていました。

またこの学部に入学すれば、留学ができるということだったのでここに決めました。

コミュニケーション学科で学んだこと・役に立っていること

英語でコミュニーケーションという授業をたくさん受けたため、今でも英語を使う仕事をすることができています。

入学する前は、英語は好きだがど人前で自信を持って喋ることはできないとおもっていました。

ですが、卒業する頃には人前でも英語を喋ることができるようになっていて、今でも仕事を通して使えています。

コミュニケーション学科の雰囲気

帰国子女の方が多かったため、自由な雰囲気でした。

英語が得意な子同士は、英語を使って喋ったり他の国から来た人たちは外国語を使って喋っていたため、色々な国が集まったような学校でした。

この学部には女子が圧倒的に多くいた気がします。

コミュニケーション学科の楽しかったところ

この学部で楽しかったことは、色々な人と話しその方々からたくさんの人生の体験を聞くことができたことです。

日本では起こらないであろう事件を間近でみた話しや、文化の違いを感じることができました。

そのためにいつも色々な方面から情報を得られることが楽しかったです。

コミュニケーション学科のつらかった・大変だったところ

この学部に入ってつらかったことは、人前で英語を喋ることです。

1年生の頃は、多くの帰国子女生の中で海外に旅行でしかいったことない私が喋るのはとても勇気がいることで、はじめはたくさんのストレスを感じ大変な思いをしました。

コミュニケーション学科の卒業後の就職先・進路

多くの友達は卒業後英語に関わる仕事についています。

英語を教える先生や、通訳になった人がたくさんいました。

少人数ですが、もっと英語力をつけようと海外に移住した人もいました。

そして、空港のグランドスタッフの方もいました。

空港では日本語が喋れないお客様がたくさんいるため、英語は役に立つと聞きました。

卒業後の所感・メッセージ

国際学部に入るのは、国内でしか勉強したことのない方には少し勇気がいることかもしれません。

ですが、勇気を出して入学してみると海外に住んだことのある人や留学経験のある人がたくさんいるためいろいろなためになる話を聞くことができます。

また、実際に海外に留学できるチャンスもあるので国際学部に入学することをオススメします。

国士館大学 21世紀アジア学部 21世紀アジア学部卒業生の体験談・口コミ

21世紀アジア学部を目指した理由

アジア地域の文化・言語・経済・歴史などを中心に学ぶことができるため。

特に中国や韓国、またベトナムやインドネシア等の発展が目覚ましい地域に興味があり、それらの国々と関係する職業に就ければと考えていたため、条件にマッチしていた。

21世紀アジア学部で学んだこと・役に立っていること

外国人留学生が多く在籍していることから、講義や自由時間の中で異文化コミュニケ—ションを取る機会があった。

そのため、彼らとのコミュニケーションの中で、異文化への理解が深まり、グローバルな感覚を身につけることができた。

21世紀アジア学部の雰囲気

礼儀正しく大人しい学生が多いように感じる。

友人間でははしゃいだり、親しげなコミュニケーションを取る一方で、初めて会う人や目上の人に対しては、一歩引いた失礼のない態度を取っていると思った。

当然、親しくなれば踏み入った関係になれるので、コミュニケーションが苦手というわけでもないと思う。

21世紀アジア学部の楽しかったところ

日本人と外国人同士で関わる機会が多かった点が楽しかった。

日々、お互いの言語への違和感や興味深さ、文化の違いによる新たな発見などがあったため、刺激的だった。

また、語学履修をきっかけにして、学外のコミュニティに参加できたことも良かったと思っている。

21世紀アジア学部のつらかった・大変だったところ

礼儀正しい学生が多数である一方、一部の不真面目な学生が目立つ点。

単位取得だけを目的に履修した学生の多い講義では、授業の内容に集中できないほど騒いでいる学生を見ることがあった。

当然、講師の方が注意をするが、あまり改善されることはなかった。

21世紀アジア学部の卒業後の就職先・進路

周囲には、旅行や交通関係、保険会社などに就職を決めた学生がいた。

学校全体としては、学習したアジア圏の言語や異文化への理解度を活かせる仕事、もしくは海外進出が盛んな企業を目標に就職活動を行っている学生が多かった。

卒業後の所感・メッセージ

将来的に、語学を活かした仕事や海外で仕事がしたいという明確な目標のある学生にはオススメできる。

1ヶ月の短期間語学研修から、2年前後の長期留学プログラムが用意されていることから、海外での経験を積むことができるためだ。

一方で、明確な目標がない場合や、積極性のない学生にとっては、実のある学生生活を送ることは難しいかもしれない。

関西大学 政策創造学部 国際アジア法政策学科卒業生の体験談・口コミ

国際アジア法政策学科を目指した理由

もともと国際的な社会問題に興味があり、そのような分野を学べる学部を志願していました。

総合政策の分野になるので、さまざまな角度から問題にアプローチできそうだと思ったのでその学部を目指しました。

他には関西の大学に進学したく、前年度のその学部の受験倍率が低くかったので穴場の学部だと思って受験しました。

国際アジア法政策学科で学んだこと・役に立っていること

私が進学した学科では、法律によって社会問題にアプローチをする内容の授業が多いです。

国際系統の授業で、アジア圏を対象とした授業が多いですが、ヨーロッパに特化した授業もあります。

個人的に好きだった授業はイスラム系の移民問題、マレーシアにおける優遇政策が好きでした。

国際アジア法政策学科の楽しかったところ

もともと国際的な社会問題に興味があり、どのようなアプローチでそれを解決できるのか、ということを学ぶことが楽しかったです。

国によって価値観が違い、それが政策にも影響しているところなど理解するればするほど楽しくなってきました。

もともとアジア圏には興味なかったですがサークルの活動によってアジア圏が大好きになり、授業もアジア圏を対象としたものが多かったので有意義でした。

国際アジア法政策学科のつらかった・大変だったところ

政策創造学部は唯一、成績が相対評価(単位をあげる人数が決まってます)になります。

なので合格点に達していたら単位を修得できるとは限りません。

賢くても賢いグループ内での戦いとなるので、いくらテストに自信があっても良い評価だとは限らないです。

国際アジア法政策学科の卒業後の就職先・進路

公務員を目指す人にはぴったりの学部だと思います。

しかし就職先は民間企業がほとんどで、メーカー、金融系(銀行と保険)が多いです。

商社はそんな多くないイメージがあります。

私は海外で働きたかったので、そのような進路を選択しました。

卒業後の所感・メッセージ

ある社会問題に対して一つの専門的なアプローチではなく、幅広く多角的なアプローチをしたい方にはおすすめの学部です。

この学部で学んで、さまざまな角度から物事を考えれるようになった事や、知識がついたことが嬉しいです。

ただ、成績評価が厳しいのでGPAが低くなります。

交換留学や奨学金を応募する予定のある人は考慮すべき点だと思います。