国際学部卒業生の体験談・就職先まとめ

(読了時間:2分4秒)
某地方大学 国際学部 コミュニケーション学科卒業生の体験談・口コミ

コミュニケーション学科を目指した理由

国際学部コミュニケーション学科を目指した理由は、英語が好きだったからです。

小さい頃からアメリカのドラマが好きでみていたため憧れていました。

またこの学部に入学すれば、留学ができるということだったのでここに決めました。

コミュニケーション学科で学んだこと・役に立っていること

英語でコミュニーケーションという授業をたくさん受けたため、今でも英語を使う仕事をすることができています。

入学する前は、英語は好きだがど人前で自信を持って喋ることはできないとおもっていました。

ですが、卒業する頃には人前でも英語を喋ることができるようになっていて、今でも仕事を通して使えています。

コミュニケーション学科の雰囲気

帰国子女の方が多かったため、自由な雰囲気でした。

英語が得意な子同士は、英語を使って喋ったり他の国から来た人たちは外国語を使って喋っていたため、色々な国が集まったような学校でした。

この学部には女子が圧倒的に多くいた気がします。

コミュニケーション学科の楽しかったところ

この学部で楽しかったことは、色々な人と話しその方々からたくさんの人生の体験を聞くことができたことです。

日本では起こらないであろう事件を間近でみた話しや、文化の違いを感じることができました。

そのためにいつも色々な方面から情報を得られることが楽しかったです。

コミュニケーション学科のつらかった・大変だったところ

この学部に入ってつらかったことは、人前で英語を喋ることです。

1年生の頃は、多くの帰国子女生の中で海外に旅行でしかいったことない私が喋るのはとても勇気がいることで、はじめはたくさんのストレスを感じ大変な思いをしました。

コミュニケーション学科の卒業後の就職先・進路

多くの友達は卒業後英語に関わる仕事についています。

英語を教える先生や、通訳になった人がたくさんいました。

少人数ですが、もっと英語力をつけようと海外に移住した人もいました。

そして、空港のグランドスタッフの方もいました。

空港では日本語が喋れないお客様がたくさんいるため、英語は役に立つと聞きました。

卒業後の所感・メッセージ

国際学部に入るのは、国内でしか勉強したことのない方には少し勇気がいることかもしれません。

ですが、勇気を出して入学してみると海外に住んだことのある人や留学経験のある人がたくさんいるためいろいろなためになる話を聞くことができます。

また、実際に海外に留学できるチャンスもあるので国際学部に入学することをオススメします。