舞台俳優・劇団員のオーディションに合格するには?

舞台俳優劇団員のオーディション

劇団のオーディション

舞台俳優・劇団員が受けるオーディションとして最も一般的なのは「劇団のオーディション」です。

規模の大きな劇団ではオーディション形式で人を採用することが多く、規模が大きいほどライバルも多く競争倍率も高くなってしまいます。

規模の小さな劇団の場合はちょっとした面接や劇団員からの紹介で入れるケースも多いですが、仕事のチャンスは減ってしまいます。

芸能事務所のオーディション

劇団の他にも「芸能事務所のオーディション」を受けるケースもあります。

特に、まだまだ名前が売れていない俳優の場合は名指しで仕事が入ってくることはほとんどなく、舞台や映画などの仕事が入ってくるチャンスをつかみやすい芸能事務所に所属することを目指す人は少なくありません。

劇団と同じく、規模の大きな事務所ほどオーディション形式を採用することが多く、規模が小さい事務所であれば簡単な形式での入所となるケースも多いです。

舞台の一般公募のオーディション

何かへの所属のためのオーディションではなく、舞台作品などの一般公募のオーディションに参加するというケースもあります。

特に中小規模の作品の場合においてオーディションで俳優を採用するというケースがよくみられるのです。

このオーディションの場合はさまざまな役柄の俳優を必要としているため、応募資格としてプロである必要がないケースも多く、アマチュアでも比較的チャレンジしやすいオーディションであるといえます。

ただし、一般公募していないオーディションも多いので、チャンスをつかみやすいのは劇団や芸能事務所に所属する道となります。

舞台俳優・劇団員のオーディションに合格するコツ

個性を出す

舞台俳優・劇団員がオーディションに合格するためには「個性を出す」ことが重要です。

大手ほどライバルは多く、その中からたった数人に選ばれるためには突出した個性を見せて注目される必要があります。

発言はもちろん、オーディションの最初の関門である「書類選考」に通るためにも、写真や自己PRなどで没個性的な状況にならないように注意する必要があります。

しっかりと事前調査・研究をしておく

オーディションを受けるにあたっては、しっかりとした事前調査および研究が必要不可欠です。

劇団や芸能事務所、舞台や映画において「どのような人物が求められているのか?」を把握していなければ、いくら個性をみせても合格する確率は大きく下がってしまいます。

参加するオーディションが何を主眼に置いて人を集めているのかをしっかりと調査・研究し、それに合った人物像をしっかりとアピールしましょう。

熱意をアピールする

舞台俳優・劇団員にとって大切なことは「熱意・情熱」です。

舞台俳優・劇団員は厳しい練習と生活のための地味なアルバイト生活を続けなければならず、「役者になる・役者として成功してみせる」という情熱を持っていなければとても続けていくことはできません。

また、ときには俳優として過酷な仕事や恥ずかしい仕事をこなさなければならないこともあり、そうした仕事を突破しなければ成功への道が閉ざされてしまうこともあります。

舞台俳優・劇団員は経験が重要なステータスとなるため、簡単にやめられてしまえば劇団や事務所としても困りものですから、そう簡単には諦めないという熱意をしっかりとアピールしましょう。