ブリーダーの勤務時間、休日

勤務体系の種類

ブリーダーの勤務体系の種類は、ブリーディング専門の企業や有名ブリーダーのもとで働く場合、シフト制が多いです。

アルバイト・パートの場合は希望する時間帯で働きますが、社員は定時で働くこともあり、企業によって勤務体系は異なります。

しかし動物たちのお世話は年中無休なので、休みシフト制でバラバラに休むことが多いです。

動物たちの様子に合わせて、残業することもあるでしょう。

しかしブリーダーの多くは企業に所属するのではなく、個人として働いています。

そのため一般的な会社員のように、「1日に何時間働く」といった考え方とは縁遠い勤務体系です。

散歩や餌やり、清掃、出産の立会いなど動物たちの世話に必要な時間に合わせて働く、といった働き方をしています。

ブリーダーの勤務時間

ブリーダーの勤務時間は、アルバイト・パート、社員として働く場合は9:00~18:00頃までのシフト制が多いです。

勤め先によっては朝の散歩があるため、7:00または8:00から勤務となる場合もあります。

勤務時間の平均は8時間で、社員は残業を任されることもあるでしょう。

アルバイト・パートの場合は求人内容にもよりますが、1日3時間程度から募集されていることもあるので、希望に合わせて働くことができるのが魅力です。

一方個人で働く場合は、何時から何時まで働くという縛りは基本的になくなります。

ブリーダーは通常多頭飼いをしていて、日常的な世話ですら私たちがペットを飼うのとは比べ物にならないほど大変です。

真夏は日が昇る前、早朝に散歩に連れて行くこともあります。

もちろん24時間体制で動物を見続けていなければならないだとか、食事をとる暇も寝る暇すらもない、というわけではありません。

動物たちの世話をして、落ち着いた時間を見計らって買い物に出かけたり、自分たちの食事をしたりしているので、動物が過ごす場所の環境を整えさえすれば、夜はきちんと寝ることもできます。

限られた時間をどう有効に使うか、上手にタイムマネジメントして行くことが重要だといえるでしょう。

ブリーダーの休日

動物たちの世話は年中無休のため、ブリーダーの休日は連休が取りづらいのが特徴です。

社員の場合は相談次第で取れることもありますが、シフト制で休むことが多く、年間休日も一般的な企業に比べて少ない傾向にあります。

休日出勤はほとんどないでしょうが、出産が重なったり、トラブル時は出勤しなければいけないこともあるでしょう。

長期休暇は夏季・年末年始3日程度になる場合もあり、有給休暇や育児休暇の制度が整えられている企業は少ないのが現状です。

個人の場合は何日も動物を置いて旅行に出かけるというのは、一人で仕事をしている限りはほぼ不可能だといえるでしょう。

ただし動物が元気な状態である限り、日常的な世話をしっかりとしていればオフの時間を作ることはできます。

自分のオフの時間と、動物たちの世話の時間の折り合いをつけながら、上手に休みを取ることが大切です。

ブリーダーの残業時間

ブリーダーの残業時間は、その日に応じて1~2時間ある場合があります。

もっとも大変なのが出産の時期で、24時間つきっきりになることもありますし、無事に子どもが生まれてからもサポートが必要なことが多いです。

個人で働いている場合は、サポートスタッフがほかにいないため、いくら残業しても次の日も自分でほかの動物たちの世話をしなければいけません。

動物中心の生活となるため、動物と一緒にいることが苦でない人、動物のことを第一に考えられる人であることが求められます。

ブリーダーに夜勤はある?

ブリーダーの求人募集を見ていても、夜勤はほとんどありません。

アルバイトやパート、正社員として勤める場合でも、日中にシフト制が組まれているのです。

ただし個人の場合は、24時間いつでも関係なく動物たちの世話をしなければいけないので、夜勤に当たる時間帯も働くことがあるでしょう。

特に出産は夜中から明け方にかけて行われることが多いので、夜寝ずに対応することも多いようです。

赤ちゃんがいつ産まれてもいいように万全の体制を整え、無事に出産を終えた後も休むことはできません。

お母さんが子どもをちゃんと育てているかを確認し、母乳を与えなかったり育児放棄してしまう場合はブリーダーがサポートをします。

動物は栄養が偏ると病気になりやすく、誕生して間もないと感染症にかかりやすいため、健康管理は特に注意が必要です。

朝が来るとほかの動物たちの世話をしなくてはいけないので、夜勤明けでもそのまま働くことになります。

ブリーダーは忙しい? 激務?

ブリーダーの生活スタイルは人によって異なりますが、個人で働いている場合は忙しい仕事です。

複数の動物を一度に飼う「多頭飼い」が基本になるので、世話にかかる時間がとても長く、「餌やり、散歩、掃除」のサイクルで1日が終わります。

自宅で飼っている人が多いので通勤時間はかかりませんが、夜遅くまで対応しなければいけないこともあるでしょう。

また丸一日完全にオフをとるのは非常に難しく、どうしても休みたい場合は、知識や経験を持った別のブリーダーに世話を頼むか、アルバイトを雇って育てなければいけません。

繁忙期にあたるのが、もっとも緊張感が走る動物の出産時期で、夜通し起きて見守りながらほかの動物との世話も重なるため、多忙を極めます。

動物たちの世話の合間には、お客さまから来るメール対応や来店時の接客、具合が悪い子を病院に連れて行く業務などもこなさなくてはいけません。

またブリーダーは安定した会社に勤めている人や、個人で順調に事業を営んでいる一部の人以外、生活するだけのお金を稼ぐのは大変な世界です。

そのため個人のブリーダーは、ほかの仕事をしながら兼業として動物を育てている人も少なくありません。

その場合も家をあけることが難しいので、在宅でできる仕事を行うケースが多いようです。

動物好きな人にとっては魅力的な仕事ですが、自分の自由な時間は確保しづらく、はたから見れば激務というような毎日忙しく仕事を続けることになる可能性もあります。

ブリーダーの休日の過ごし方

ブリーダーの休日の過ごし方は人それぞれですが、やはり動物好きの人が多いので、自分のペットと触れ合う人が多いようです。

シフト制で休みが取れる人は、ドッグランに行ったり、散歩に連れて行ってあげたりと愛犬との時間を大切にしている人もいます。

逆にまったく動物たちとは離れた場所で過ごすことで、リフレッシュする人もいます。

個人でブリーダーをしている人は、完全なオフを取ることは難しいので、隙間時間を有効活用しながら自分の時間に当てているようです。

遠出はできないものの近所のカフェでゆっくり過ごしたり、読書をしたりと短時間でも自分の時間を持てる工夫をしています。

逆に動物に愛着を持つトップブリーダーは、家を離れている時間も動物の様子が気になって仕方がない人もいるので、一緒に過ごす時間の方が幸せに感じるのかもしれません。

ブリーダーの1日のスケジュール・生活スタイル