バーテンダーとして独立・開業するには?

バーテンダーは開業する人も多い

バーテンダーは、すでに存在するバーに雇われて働くこと以外に、独立・開業をして自分の店を経営していく道もあります。

独立すれば、自分のセンスや個性を反映させたお店を構えることができますし、自分のやり方次第で収入をアップさせることもできるでしょう。

そのため、将来的に独立・開業を目指すバーテンダーは少なくありません。

ただし、バーをオープンさせるには当然資金が必要となります。

お店の保証金・家賃・商品の仕入れ・器具の購入・人を採用する場合の人件費など、バーを経営するにはいろいろなお金が必要になります。

小さなお店でもそれなりの金額はかかりますので、しっかり計画性をもって独立準備を進めましょう。

最近はフランチャイズ契約のシステムで開業できるケースもあり、その場合、毎月売り上げの一部を本部に納めるとはいえ、初期費用等をミニマムに抑えることができます。

独立するために免許や資格は必要?

バーの開業は「飲食店営業」にあたるため、開業に際しては保健所から食品衛生法に基づく営業許可をもらうことと、「食品衛生責任者」の資格が必要です。

飲食店の開業に必要な保健所の営業許可は、開業後の食中毒などを防止するために設定されており、食品衛生法によって設けられた施設基準を満たすことで発行されます。

手続きは保健所に「食品営業の許可申請」すればOKです。

食品衛生責任者の資格は「調理師」「栄養士」「製菓衛生師」などの資格を有している人のことを指しますが、この資格がなくても、保健所が実施する食品衛生責任者のために行っている講習会を受講すれば、飲食店の開業は可能です。

ライバルに勝つ経営努力が必要

お酒をメインに扱うバーは、食べ物を多く扱うレストランなどと異なり、調理設備の初期費用が節約できたり、無駄になって破棄してしまう食材が少なかったりする利点もあります。

ただし、繁華街はとくにライバル店がひしめいていますので、他の店との差別化が求められるでしょう。

開業にあたっては、確実にお客さまを呼び込むことができる立地の選定をしっかり行い、少なくとも数年先までの売上計画を立てておくなどの準備が大切です。

そして、他のお店と差をつけるためのオリジナリティあるサービスを提供したり、お客さまを集めるために日々人脈を拡大させていくなどの努力も求められます。