僧侶(住職・坊さん)の求人・募集状況

志望者はほぼ受け入れられる

仏は老若男女の別なく、誰にも平等な存在です。したがって寺院も仏教を志す全ての人に対して開かれた場所であるといえます。

よほどの理由がないかぎり、受け入れてくれる寺院を見つけることができると考えていいでしょう。

ただ寺院の規模により物理的に受け入れが困難な場合や修行に耐えうる健康状態でない場合などはこの限りではありません。

また、受け入れられたからといってすぐに正式な僧侶になれるとは限らないので、そのあたりも含めて寺院に直接相談に行ってみましょう。

また、宗派によって要求される条件がある場合があるのでよく調べる必要があります。

住職は大体が世襲

住職とは寺院を管理する僧侶のことをいいます。会社員で言うところの管理職と考えていいでしょう。

僧侶には僧階と呼ばれる階層があり、修業年数を重ねることで上位に上がっていく仕組みになっています。

しかし、住職になるためには、ただ年月を経ればいいというわけではありません。その寺院に跡取りがいる場合、大体は世襲することになります。

したがって、住職は努力して目指せるものではないという側面があります。

しかし、跡取りがいない場合や子どもがいてもその任を放棄している場合もあるため、血縁関係がない僧侶が住職となることもありえます。

その場合は現住職が自ら僧侶の中から選ぶか、本山からの推薦を受けた僧侶が派遣されてくるかのいずれかになります。

住職になるには

求人は大学に集まる

僧侶を目指す人材の集まる仏教系の学部を有する大学には全国の寺院から求人が集まります。

一般の学生が企業相手に就職活動を行うのと同様に仏教系学部の学生は求人をもとに、寺院に自分を売り込むというわけです。

仏教系学部に在籍している学生は基礎知識が定着しており、在学中に得度を受けていたりする場合もあるため、受け入れる側も信頼を置くことができるといえます。

中途採用の場合は自ら求人を探して訪ねていくことになるため、学生に比べて苦労するかもしれません。

ただ志望者を受け入れたい寺院は全国に多くあるため、地域を選ばなければどこかしら受け入れてもらえるでしょう。

とくに地方の寺院は僧侶不足で困っているところも多いようです。

フリーランス僧侶の出現

僧侶は葬儀と法事の時だけ関わるものであるという認識が信仰のない人々に広まりつつあります。そこで現代では僧侶の派遣サービスがビジネスとして成り立っているのが現状です。

葬儀社と直接契約している僧侶もいます。こうしたフリーランスの僧侶は今後さらに需要が高まる可能性があります。

寺院に所属することがすべてではない、修行は個人でもできるものだという言わば新時代を生きる僧侶も中にはいるようです。