診療情報管理士の求人状況・就職先の選び方

診療情報管理士の就職先にはどんなところがある?

診療情報管理士の仕事は、医療機関における診療情報の管理・運用です。

そのため、就職先としては、診療情報を保有している医療機関ということになります。

具体的にいえば、病院や診療所などが主な就職先となるでしょう。

小さな診療所の場合、診療情報管理の仕事だけでなく、普段の診療に関わる事務業務(会計計算や患者対応、レセプト作成など)も含め、医療行為以外はすべて1人でこなさなければいけない、ということもあります。

一方総合病院など大きな施設になると、事務の仕事も細分化され、診療情報管理の仕事だけでも複数名の担当者がいることもあります。

診療情報管理士の求人の状況

2000年の診療報酬改定により、診療記録管理体制加算という新予算が設けられました。

これは一定の要件に当たる医療機関内に、1名以上の診療記録管理専任者が在籍していれば、患者1人あたりにつき所定の金額が支給されるという加算制度です。

そのため、2000年以降診療情報管理士を採用する医療機関が格段に増えました。

また、電子カルテの導入に伴い、医療業界においてもデータ管理や情報処理を専門的に行える人材が求められています。

しかし、現状では、「診療情報管理室に専任として採用」の募集条件は多くはありません。

求人サイトで「診療情報管理士」のキーワードで検索してみると気づくかと思いますが、診療情報の管理の他、窓口対応やレセプト作成など、医療事務の業務との兼任での募集が多いのが現状です。

診療情報管理士の就職先の選び方

診療情報管理士としての就職先を選ぶにあたって必ずチェックしておく必要があるのが、就職後担当することになる業務範囲についてです。

診療情報管理士の求人には、診療情報管理室専任のものと、医療事務との兼任の募集があります。

医療事務との兼任と聞くと、診療情報管理士の専門性を十分に生かせないのではないという考え方もあります。

一方で、医療事務との兼任ということは、診療情報の入力から運用まで、すべての過程を担当することになります。

つまり、診療情報についてより一層、全体的にとらえることができます。

これは、今後診療情報管理士としてキャリアアップを考える場合には、ひとつの武器となるという考え方もできます。

また、大きな施設では複数の診療情報管理士が業務を細分化して担当していることもありますが、小さな診療所の場合、医療行為以外はすべて自分の担当することができます。

小さな医院での業務範囲は広いですが、責任と裁量を持って働くことができます。

このように、施設によって診療情報管理士の働き方は様々です。

自分が希望する働き方や職務範囲、今後のキャリアについて検討し、それに見合った条件で勤務できる就職先を選択することをお勧めします。

診療情報管理士の志望動機・面接

診療情報管理士として医療機関で働く場合、志望動機については次の2点がポイントとなります。

(1)医療機関で働きたいと思った理由
(2)診療情報管理士という職業を志望した理由

医療機関は、一般企業などと比べると特殊な環境であり、特殊な役割を持った機関です。

そのため、一般企業ではなく、特に医療機関で働く職種を選んだ理由や、できればその職場で実現したい目標・使命感について言及できると良いでしょう。

また、医療機関で働く職種の中でも、医療職ではなく事務職である診療情報管理士という職種を選んだ理由についても、具体的に述べることができると良いです。

特に、診療情報の重要性や管理の必要性、この仕事に関する責任について理解し、尊重していることが正しく伝わるような志望動機を述べることができれば、そうでない場合に比べて好印象につながります。

診療情報管理士の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

求人サイトで「診療情報管理士」というキーワードで検索すると、様々な求人がヒットします。

これらのサイトを利用すると、求人情報を詳細に確認したり、求人元である医療機関からのメッセージや求める人材像が見られたりと、サイトごとに分かりやすいよう作られています。

中には、医療系求人や医療事務の求人に特化したサイトもあります。

これらのサイトを利用して就職先を探すのが一般的な方法といえます。

また、ハローワークも求人が出ていることもあります。

費用の問題などで求人サイトや求人マガジンへの掲載を行っていない施設についても、ハローワークでは募集をしています。

あるいは、医療機関の公式サイトなどに求人情報が掲載されていることもあります。

特定の医療機関を志望する場合には、チェックしてみるとよいでしょう。