診察情報管理士の働き方の種類・雇用形態

診療情報管理士の雇用形態

診療情報管理士の雇用形態はさまざま

一般的に、医療機関における事務方のスタッフの雇用形態としては、正社員・契約社員の他、派遣社員やパートなど、非正規雇用も多く見られます。

中には、リーダー職のみ正社員で、他のスタッフは全員パートという病院や、事務職は全員非正規雇用という施設もあります。

そのような状況の中でも、診療情報管理士に関しては正社員としての雇用が多い職種のひとつです。

その理由としては、診療情報管理士の仕事が専門的で深い知識を必要とすること、扱う情報が複雑かつ機密事項であることなどが挙げられるでしょう。

正社員・契約社員の診療情報管理士

診療情報管理士として資格を取得し、診療情報の責任者として勤務する場合、正社員として雇用されることがほとんどです。

資格手当がついたり、専任管理者として組織内で管理職的な扱いを受けることもあります。

施設によっては、診療情報管理部門に複数の診療情報管理士が所属し、分担して業務に当たっていることもあります。

その場合は、部門の責任者となる管理職者だけが正社員で、他のスタッフは契約社員ということもあります。

派遣社員・パートの診療情報管理士

診療情報管理士には正社員や契約社員が多いと述べましたが、非正規雇用の診療情報管理士も存在しています。

特に組織が大きくなり、診療情報管理部門にも複数のスタッフが所属している場合、部門の責任者以外は契約社員や派遣社員であることもあります。

また、医療機関の規模によっては、事務職者には正社員はいないということもあり得ます。

そのような施設の場合、診療情報の管理業務だけでなく、医療事務や医療秘書など、事務的な仕事を一手に引き受けるということもあります。

診療情報管理士の働き方

診療情報管理士の勤務状況

病院や一部の診療所は基本的に24時間・365日体制で空いていますが、事務部門においては日中のみ勤務、土日祝日休みということがほとんどです。

診療情報管理士についても、基本的に朝から夕方までの勤務で、土日祝日は休日となる働き方が主流です。

決められた業務を決められた期間内に終えることができれば、残業や休日出勤はほとんど発生しません。

そのため、子育て中の人や家族の介護など家庭の事情がある場合でも、無理なく働き続けることができる仕事のひとつといえます。

また、診療情報管理士の業務内容には、主に次の2通りの働き方があります。

診療情報管理業務専任

規模が大きめの医療機関、病院などでは診療情報管理業務に特化した部門があることが少なくありません。

この部門では、日々新しく登録される診療情報について、正しく入力されているのかや、国が指定するフォーマットにのっとっているのかをチェックをしたり、不備があった場合、入力者に修正を依頼するなどの業務を行っています。

院内に電子カルテシステムを導入したり、新しいフォーマットへの対応などアップデートを行う際にも、担当者として中心的に進めていく役割を担うこともあります。

これらの部門が設置されている場合、そこに配属されれば、基本的に診療情報管理の業務のみを担当していくことになります。

周辺業務を含め、他の職域の業務まで割り当てられることは、ほとんどないと言えるでしょう。

部門に複数の診療情報管理士が配属されている場合、分担して業務にあたるため業務量の調整がしやすいほか、交代で休みを取ったり、お互いにサポートしあったりと、働き方の調整がつけやすいのも特徴といえます。

他の医療事務業務との兼任

中小規模の医療機関においては、診療情報管理に特化した部門がないこともあります。

中には事務方はひとりがすべて対応するという施設もあります。

その場合、診療情報管理士として採用されても、それ以外の周辺業務や事務作業一般を担当することになることもあります。

例えば、窓口での患者対応や報酬請求のためのレセプト作成など、医療事務が担当しているような業務も担当することになります。

その場合、診療情報は内容を管理するだけでなく、実際の入力や運用も自分が行うことになります。

そのため業務全体を見通して関わることができます。

一方、事務担当者の人数が少なかったり、自分しかいなかったりする場合、休みの調整がしにくいなどのデメリットも存在しています。