パラリーガルの勤務時間・休日

パラリーガル勤務体系の種類

パラリーガルの勤務体系は、就業する法律事務所によってさまざまです。

正社員や、フルタイムの有期契約である契約社員、一定期間の契約を結んで働く派遣社員、またアルバイトやパートタイマーなどの非正規雇用で働く人もいます。

雇用形態によって勤務時間には違いがあるものの、日勤で、朝から夕方頃にかけて働くのが一般的です。

ただし大きな事務所で営業時間が長かったり、複数名のパラリーガルを抱えていたりする事務所では、「シフト制」をとっていることもあります。

アルバイトやパートであれば、フルタイム勤務ではなく、1日に4~5時間程度の勤務となることもあります。

パラリーガルの勤務時間

法律事務所に勤務する場合、勤務時間は9時または9時半から17時または18時で設定されていることが多いようです。

大手の事務所、また繁忙期などは21時~22時ごろまでの夜当番や遅番のシフトが組まれることもあります。

一方、企業の法務部で勤務するパラリーガルの勤務時間は、各企業の規定によります。

多くの場合、9時から17~18時が定時とされていることが多いようです。

ただし残業や休日出勤の状況は、就業先の企業や状況によって左右されることがあります。

パラリーガルの休日

法律事務業務は、法務局や裁判所といった機関と関わる手続きが多いため、ほとんどの法律事務所は関連機関に合わせて休日をとります。

たいていは土日を休みとする週休2日制であり、お盆休みや年末年始といった長期休暇も取得できる事務所が多いでしょう。

有給休暇などその他の休暇の取得状況については勤務先によります。

中小規模事務所の場合、人員に余裕がないため取得しにくかったり、反対に弁護士との関係が近いため気軽に相談しやすかったりと、勤務先によってさまざまです。

とくに大手の法律事務所や企業の法務部勤務の場合は、休暇制度が充実しているところも多いようです。

パラリーガルの残業時間

パラリーガルの残業時間は勤務先によって大きく異なります。

大きな法律事務所や非常に忙しい事務所では、どうしてもパラリーガルが抱える案件は多くなります。

たとえば裁判関連の書類作成の場合、期日までに提出しなければいけないことから日常的に残業が必要となる場合もあります。

一方、パラリーガルとしてそこまで難しい仕事を任されておらず、弁護士が法律事務の大半を処理している場合には、定時かわずかの残業で帰宅できる事務所も多いでしょう。

パラリーガルは忙しい? 激務?

法律事務所で扱う案件は、人の人生を左右する非常に責任の重い業務が多く、ミスが許されない仕事といえます。

また裁判関連の書類作成などでは期日が定められているため、それまでにどのように進めればいいかを考えて、弁護士と協力して進めていく必要があります。

そのため弁護士のスケジュールはもちろん、自分のスケジュールもよく管理して業務を進めていくことが重要です。

担当する案件によっては、パラリーガル自身が手続きや面談、調査などで出張対応をしなければならないこともあります。

その場合は、残業時間が増えたり泊まりの出張となったりするケースもあります。

パラリーガルとして難易度の高い仕事を任されるほど、忙しくなる人が多いようです。

パラリーガルの休日の過ごし方

パラリーガルは女性の割合が高いため、家族をもっていれば、休日は家事や育児、家族のことに時間を使う人が多いようです。

独身であれば、自分の趣味や遊びに思いきり時間を使えますが、司法書士や弁護士になるのを目標としている人は、休日に予備校へ通ったり、集中して勉強をしたりしています。

また、パラリーガルは専門知識が求められる職業であることから、休みを使って調べ物や改正があった法律に目を通したり、時事情報をニュースや新聞でチェックしたりすることも大切です。

パラリーガルの1日・生活スタイル