音楽プロデューサーの種類

音楽プロデューサーといってもさまざま

音楽プロデューサーの仕事は、アーティストの発掘から、企画・コンセプト作り、楽曲制作、プロモーション、予算管理に至るまで多岐にわたります。

ただし所属する組織の規模や立場によって、担当する業務内容が異なる場合があります。

それほど規模が大きくないインディーズレーベルの場合は、一人ですべての業務を担うこともありますが、大手レコード会社などでは、役割が細分化されています。

音楽プロデューサーと一口にいっても、与えられた役割の違いにより、さまざまな呼び名があります。

どのような種類があるのか、それぞれの役割と合わせて紹介します。

音楽プロデューサーの種類と役割

エグゼクティブプロデューサー

エグゼクティブプロデューサーとは、企画立案から、アーティストのイメージ作りや予算管理まで、アーティストの音楽活動全体を総合的にプロデュースする統括責任者のことです。

制作資金の提供者や調整者など、金銭的な責任者を指す場合もあります。

予算や人事を管理統括し、決定権を持っているので、役職としては一般的な会社でいう部長クラスに相当します。

具体的には、企画の立案、関わる会社やスタッフの選定、出資会社の選定、制作費や宣伝費などの予算の決定、著作権管理者や利益配当の決定、楽曲の最終チェックなどを行います。

実際には、レコード会社や音楽出版社、芸能プロダクションなどの代表者がクレジットされることが多いです。

サウンドプロデューサー

サウンドプロデューサーとは、実際に音源作りを行い、音楽のサウンドに関して最終的に責任をもつ人のことです。

アメリカなどでは、一般的に「プロデューサー」という場合はこのサウンドプロデューサーのことを指し、グラミー賞で「最優秀プロデューサー」にノミネートされるのも、実際に音源制作の指揮を執った人たちです。

楽曲の方向性を定め、レコーディングからミックスダウン、マスタリングまでの過程に立ち会い、アーティストやエンジニアとともに楽曲を作り上げていきます。

また作曲や編曲も行う場合もあり、音楽的センスが必要になるため、自身がミュージシャン作曲家、アレンジャーでなければ務まらない職種です。

実際にミュージシャンや作曲家などの仕事でヒットを出し、実力が認められてサウンドプロデューサーになるパターンが多く、アーティストから指名を受けて任されることも多々あります。

近年では、レコード会社が外部のサウンドプロデューサーに音源制作を任せるケースが主流になっています。

A&Rプロデューサー

A&Rプロデューサーとは、アーティストの発掘・契約・育成から楽曲の提供、企画制作、宣伝戦略の管理に至るまでをトータルで行うプロデューサーです。

「A&R」とは「アーティスト・アンド・レパートリー」の略で、本来の意味では、アーティスト(歌手)を売り出すためにどんな楽曲を歌ってもらえばいいか、どんなアレンジにして世に送り出すかなどを決める責任者のことを指します。

日本では90年代から使われ始めた言葉で、実際にはレコードやCDなどの音楽プロダクツ(商品)の企画制作の指揮をおもに受け持ち、アーティストに合う楽曲の発掘やスタジオミュージシャンや制作スタッフのコーディネートなどを行います。

音楽センスよりもコミュニケーション能力や商品開発、マーケティングの知識が必要とされるため、営業や広告宣伝などの部門で実績を積んだ人が任命されることが多いようです。

一般的にはレコード会社の社員が務めますが、最近ではフリーランスのA&Rに外部委託するケースもあります。

アーティストプロデューサー

アーティストが所属するプロダクション側の責任者を指してアーティストプロデューサーといいます。

楽曲制作はレコード会社の音楽プロデューサーに任せ、それ以外のマネージメントの範疇でアーティストの育成を行い、企画戦略を決定する責任者です。