ナレーション練習・トレーニングはどんなことをする?

ナレーターに必要な要素

ナレーターとして何よりも求められるのは、「魅力的な声」を持っていることです。

ただし、この「魅力的な声」というのは、元々の声質の美しさだけで決まるわけはありません。

「滑舌のよさ」「響きの強さ」「声のトーン」「話すときのテンポの心地よさ」など、発声に関わるあらゆる要素が関係してきます。

ここでは、魅力的な声を手に入れるためのナレーションの練習やトレーニングの内容について紹介します。

正しいイントネーションを身につける

ナレーターとして仕事をしていくのであれば、誰にでも伝わる話し方をマスターしなくてはなりません。

そのために、まず「発声」の基本からしっかりと学ぶ必要があります。

腹式呼吸や滑舌をはじめ、アクセントやテンポ、イントネーションなど、一般の人が日常会話でさほど意識していないことも、ナレーターになるためには丁寧に勉強することになります。

とくに地方出身の人は独特のイントネーションで会話をしていることが多いので、ナレーターをめざすのであれば、まずは日本語における標準語のイントネーションを徹底的に叩き込むことから始めなければいけません。

「なまり」が強い東北や関西などの出身者は、人一倍の努力が必要になることが多いようです。

もうひとつ、ナレーターを目指す人の多くが意外と苦労するのは、正しいアクセントの習得です。

単語一つひとつのアクセントがどこにくるのか、アクセント辞典を片手に特訓していきます。

このような正しいイントネーションやアクセントは、一朝一夕で覚えられるものではないので、何年もかけて身体に浸み込ませていくことが多いようです。

よく通る声を出すために

ナレーターの発声で大切なのは、お腹の底からしっかり声を出して響かせることです。

そのために、腹式呼吸を身につけるためのトレーニングや、腹筋を鍛えるためのトレーニングも行います。

その次のステップとしては、美しく発音をするための練習を行います。

「が」「ぎ」「ぐ」「げ」「ご」のような濁る響きの音、いわゆる「鼻濁音」を発音するための発声練習です。

また、定番ですが、滑舌を良くするために早口言葉のトレーニングをする人もいます。

声量は小さいのにハッキリと聞き取れる声というのは、こうしたトレーニングを積み重ねることで身につけることができます。

演技力・表現力を身につける

声の出し方を身につけると同時に、ナレーターは「声を使った表現」のスキルを磨く必要もあります。

シーンに合わせた声のトーン、間の取り方、イントネーションの付け方など、さまざまなケースを想定しながらトレーニングしていきます。

また、表現力を高めるために、役者のように演技のレッスンをすることもあります。

ナレーターは顔を出さずに仕事をすることが多いですが、だからこそ、声だけで聞く人に感動を与えたり、さまざまな思いを伝えるためのスキルを身につける必要があります。

ナレーターという職業に興味があっても「自分は声がきれいでないから…」とあきらめる人もいるようですが、トレーニング次第では、十分に魅力的な声を手に入れることが可能です。

読解力を身につける

基本の発声ができるようになったら、いよいよナレーションそのものの訓練です。

VTRに合わせてニュースリポートのナレーションを読んだり、絵本や小説を朗読したりして、さまざまな語りのテクニックを身につけていきます。

読んでいる内容に合わせて声のトーンやテンポを変えて、上手に「間(ま)」をとることが大切です。

「このナレーションを通して何を伝えたいのか」を理解する読解力こそが、ナレーターには欠かせません。

ナレーターの養成学校では、実際に第一線で活躍しているアナウンサーやナレーターから指導を受ける機会があるため、コツを掴みやすいでしょう。

独学で勉強をする人の場合は、自分のナレーションを録音し、何度も聞き直してはやり直しをしながら練習をするとよいのではないでしょうか。

いかなる場合でも、自分の声を客観的に聞くことが大切です。