ディスパッチャーの求人状況・就職先選びのポイント

ディスパッチャーの就職先にはどんなところがある?

ディスパッチャーの就職先には、航空会社やその関連会社があります。

また、近年ではディスパッチャーのような運行管理を専門に行う企業もあるため、そのような場所に就職するのもひとつの方法です。

ディスパッチャーの求人の状況

新卒採用の場合

ディスパッチャーになるためには、航空会社に就職し、運航管理業務を行う部門に配属され、経験を積んでいく必要があります。

ただし、ここで注意しておきたいのは、新卒採用の場合、希望した全員が必ずしもディスパッチャーになれるわけではないということです。

航空会社の就職試験では、「パイロット」と「客室乗務員(CA)」に関しては職種別採用が実施されるケースが多いです。

一方で、ディスパッチャーに関しては「総合職(地上勤務の事務職)」として、一括採用されるケースが一般的です。

つまり、航空会社に入社できたとしても、総合職として働く人のフィールドは多岐にわたっており、企画や総務マーケティングなど、運航管理業務以外の部門に配属される可能性もあるのです。

ただし、運航管理系の部署に配属とならなくても、本人が希望したうえでディスパッチャーとしての適性があると認められれば、入社後に部署異動となることもあるようです。

国内の大手航空会社であるANAとJALでは、ほぼ毎年、定期的に総合職の新卒採用を行っています。

その年によって採用人数に変動はありますが、航空会社は就職先として根強い人気があり、狭き門といえるでしょう。

中途採用の場合

ディスパッチャーの中途採用を実施する航空会社では、新卒採用とは異なり、「ディスパッチャー(運航管理者)」という職種に限定して採用活動を行うことが一般的です。

この場合、新卒採用のように定期的な募集を行うのではなく、欠員が出たタイミングなどで募集をかけるため、即戦力になれる人を求めているケースが大半です。

そのため、応募条件としてディスパッチャーとして働くために必要な「運行管理者」の資格や、運航管理業務経験(3年程度)が求められることが多くなっており、未経験者の転職は厳しいのが現状です。

ディスパッチャーの就職先の選び方

ディスパッチャーを目指すには、まず航空会社に就職しなくてはなりません。

航空業界は非常に難関のため、大手のみならず地方の航空会社やLCCなど、さまざまな航空会社について調べ、採用試験を受ける必要があるでしょう。

ディスパッチャーの志望動機・面接

ディスパッチャーを志望する人は、もともと航空業界に興味があったり、運航管理や気象に興味があったりする人が多くなっています。

航空業界で働くさまざまな職業のうち「なぜディスパッチャーなのか?」という部分は、あらかじめ深く掘り下げて考えておくべきでしょう。

ディスパッチャーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

新卒採用の場合は、大手航空会社の場合、毎年定期的に行われています。

また中途採用や専門企業によるディスパッチャーの募集要項は、各運行会社のホームページや転職サイトなどに掲載されています。

こまめにチェックして最新の情報を入手しましょう。