バスケットボール選手になるには

バスケットボール選手になるまでの道のり

高校、大学の大きな大会で活躍する

プロのバスケットボール選手になるにはまず、高校や大学の大会で活躍することが重要です。

そこでプロチームの目に止まれば、高校、大学を卒業後、プロ契約を結んでもらえる可能性が高くなります。

たとえば、高校生の大きな大会には「全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)」や夏のインターハイ、国体があります。

ただし、高校から直接プロへ進む選手は少なく、プロを目指す選手の多くは大学へ進学してバスケットボールを続けます。

大学では各地区のリーグ戦や全日本大学バスケットボール選手権大会(インカレ)、全日本総合バスケットボール選手権大会などの公式戦があります。

現状では大学の試合で活躍することで注目され、プロチームに入団する選手が最も多くなっています。

合同トライアウトに参加する

高校や大学の大きな大会で活躍する以外の方法として、男子選手の場合はBリーグのトライアウトに参加する道もあります。

Bリーグは例年、シーズン開幕前に合同トライアウトを実施しており、そこで実力が認められればプロチームと契約することができます。

トライアウトではバスケットボールの技術だけでなく、身体能力や運動能力といったファンダメンタルの部分も評価基準となっています。

女子の場合は「WJBL(バスケットボール女子日本リーグ)」が開催するトライアウトは現在行われていませんが、チームごとにトライアウトが実施されることがあります。

バスケットボール選手のプロテスト

バスケットボール選手になるための学校

現状では高校や大学の大会で活躍することがプロ入りへの近道となっているため、まずは全国大会常連の高校に入学するのが王道といえます。

中学生の大会で活躍すれば強豪高校からスカウトされることもあり、推薦枠で入学することも可能です。

ただし、無名の高校でも地方大会で活躍すれば注目され、都道府県選抜に選ばれることがあります。

都道府県代表として国体などに出場すれば、強豪大学へ進学する道も開け、プロチームの目に止まる可能性も高まります。

また、近年は中学や高校を卒業したあとにアメリカへバスケットボール留学する選手なども出てきており、バスケットボール選手になるまでの道のりは多様化しつつあります。

バスケットボール選手に向いている人

バスケットボールは競技の特性上、背の高い選手が有利な面があります。

しかし、プロ選手になるには背の高さだけでなく、スピードとスキルが伴っている必要があります。

司令塔であるポイントガードのポジションなどはむしろ、身長よりもドリブルやパスのスキルが重視されます。

また、厳しい勝負の世界ですから、メンタル面の強さも不可欠です。

バスケットボールが上手いだけでなく、常に高みを目指して日々の練習に取り組めることも重要な適性といえます。

バスケットボール選手に向いている人・適性・必要な能力

バスケットボール選手のキャリアプラン・キャリアパス

プロ選手になるのも狭き門ですが、プロチームと契約したあとも厳しい競争が待っています。

バスケットボールは5人という少人数で行う競技であるため、数少ない出場枠をチーム内のライバルと争うことになります。

試合で活躍してトップ選手となることを目指しますが、いずれにしてもたいていの選手は30代のうちに引退します。

引退後は指導者や解説者など、別の立場でバスケットボール界に関わる場合が多いです。

女性でもバスケットボール選手になれる?

女子の場合は国内にプロリーグがないため、基本的には企業チームの社員選手としてプレーすることになります。

大神雄子選手などプロ契約を結んだ選手も存在しますが、現状、国内で女子選手がプロになるためにはパフォーマンス力が群を抜いていることに加え、人気や人格面でも関係者やファンに認められることが必要です。

プロ選手としてプレーしたいのであれば、アメリカのWNBAなど海外のプロリーグに挑戦するのも一つの選択肢でしょう。

女性のバスケットボール選手のキャリアパス・結婚後の生活

バスケットボール選手を目指せる年齢は?

大学卒業のタイミングで男子選手であればBリーグ、女子選手であればWJBLに進むケースが最も多いのが実情です。

ですから、現実的には大学卒業時点でトップリーグのチームに入団できなければプロへの道は狭まることになります。

しかし、その後もチャンスがないわけではありません。

Bリーグのトライアウト参加条件は「満30歳以下」となっているため、それまではプロ入りのチャンスがあるといえます。