バスケットボール選手のやりがい

バスケットボール選手のやりがい・楽しさ

大好きなバスケットボールを仕事にできること

バスケットボール選手の最大の魅力は、大好きなバスケットボールを仕事として続けられることです。

バスケットボールは一般に、小学生のクラブチームや中学校の部活動で本格的に始める人が多いようです。

全国高等学校体育連盟の統計によると、高校では男子が約9万人、女子が約6万人、合わせて約15万人がプレーしています。

1学年にすると、男女合わせて約5万人がバスケットボールをしている計算になります。

一方、日本のトップリーグである男子のBリーグと女子のWJBLでプレーする日本人選手は、男女合わせても500〜600人。

一学年で考えれば、平均しておよそ40〜50人ほどしかいないのです。

高校時代には1学年で約5万人がプレーしている人気スポーツですが、大人になっても職業として続けられる人は本当に限られています。

子どもの頃から好きで続けてきたバスケットボールを仕事にできるのは、それだけでも幸せなことです。

実力をつけて勝利に貢献すること

プロのバスケットボール選手はまず、自分に与えられた役割を着実にこなすことが大切です。

新人選手の場合、プロに入ってすぐに活躍できる人はほんの一握りです。

日々のトレーニングで心と体を鍛え、周りのトップ選手たちのプレーを吸収することで、少しずつプロのプレーについていけるようになります。

チームの中で自分の役割をしっかりと果たし、勝利に貢献することがバスケットボール選手にとって最大の喜びといえます。

バスケットボール選手の仕事内容

バスケットボール選手の魅力

オリンピックなどの国際大会に出場できること

仕事としてバスケットボールを続けていると、オリンピックや世界選手権などの舞台で戦うチャンスもあります。

国内リーグで活躍すれば、日本代表メンバーに選ばれて国際大会に出場します。

とくにバスケットボールの場合、最近は世界規模の大会で不振が続いているだけに、若い世代の選手たちはこれから新しい歴史を切り開いていくことになります。

男子の日本代表は1980年代以降、オリンピックに一度も出場できていません。

女子の日本代表も1996年のアトランタ五輪と2004年のアテネ五輪に出場していますが、世界を相手にすると苦戦が続いています。

国を背負い、そういった状況を打破するための戦いに参戦できるのは大きな魅力です。

日本バスケットボール界の歴史を切り開く挑戦

現在は日本でもメジャースポーツの一つとなっているサッカーも、かつてはマイナースポーツで人気がなく、アジアでも勝てない時代がありました。

しかし、サッカーは男子の日本代表が1998年にワールドカップに初出場して歴史を変えました。

女子の日本代表「なでしこジャパン」も2011年にワールドカップ優勝という快挙を成し遂げ、女子サッカーが盛り上がるきっかけとなっています。

現在、日本のバスケットボール界は男女とも低迷していますが、日本代表が活躍すれば状況は変わるはずです。

これから歴史を築いていけるという点も、バスケットボール選手の大きな魅力といえます。