僧侶(住職・坊さん)の仕事内容

在りし日を偲び故人を弔う 僧侶の本分はご先祖様を供養し、安らかに成仏させることです。そのために葬儀をはじめ、各種法事で読経を行うなどして故人を弔います。 お寺によって、曹洞宗、浄土真宗、日蓮宗などさまざまな宗派があり、お … 続きを読む

僧侶(住職・坊さん)の現状と将来性

寺院の存在感が希薄化している 日本は古くから生活の中に仏教文化が根付いています。そのため、日本人は信仰に関わらず自然と仏教に親しんできました。 歴史的に見ても政治や文化などあらゆる面に仏教が与えた大きな影響を与えています … 続きを読む

僧侶(住職・坊さん)の役割

仏の教えを後世に伝える 日本はあらゆる面で仏教の影響を強く受けています。そのため、日本で暮らす人々の生活は仏教と切っても切れない関係性があります。 除夜の鐘を聞いて一年が終わったことを実感し、道端のお地蔵さんにはなんとな … 続きを読む

僧侶(住職・坊さん)の1日

一日の流れ 仏門に入ったばかりの新人僧侶と寺院の経営者である住職とでは生活の流れも変わってきます。ここでは見習い期間を終えた中堅住職の一日をタイムラインにそって見てみましょう。 6:00 起床。身支度をし、寺院の門を開け … 続きを読む

僧侶(住職・坊さん)のやりがい

歴史を継承する責任 仏教の歴史は古く、その影響も全世界に及んでいます。中でも、日本は仏教が定着した代表的な国家であり、文化的に見てもその影響力は絶大であるといえます。 古の僧侶達から脈々と受け継がれてきた仏の教えを後世に … 続きを読む

僧侶(住職・坊さん)の階級

僧侶の階級「僧階」 僧侶の世界にも階級があり、それを「僧階」といいます。 僧階は宗派によって若干異なりますが、基本的には上から ・大僧正 ・権大僧正 ・中僧正 ・権中僧正 ・少僧正 ・権少正 ・大僧都 ・権大僧都 ・中僧 … 続きを読む

僧侶(住職・坊さん)の衣装・服

「法衣」にも正装と略装がある 僧侶が仏前で着用している衣服を「法衣」または「袈裟」といいます。 法衣には正装用と略装用があり、その大きな違いは袖の大きさです。略装用の袖が普通の着物並みの寸法であるのに対して、正装用は手が … 続きを読む

僧侶(住職・坊さん)の修行・訓練

「得度」を経て修行開始 宗派によって若干異なりますが、たいていの場合、「得度」と呼ばれる儀式を経て仏門に入ることが、僧侶としての修行のスタートになります。 一般的に言われる「出家」とは、このことを指します。 具体的には、 … 続きを読む