僧侶(住職・坊さん)のつらいこと、大変なこと

修行の世界はやっぱり厳しい

僧侶といえば一般的に厳しい修行というイメージがあります。そのため、仏教のことをあまり詳しく知らない人々にも簡単になれる職業ではないという認識がされているでしょう。

実際、仏門に入ってからは生涯にわたって修行を続けることになるため、日常生活においても多くの制限があります。

たとえば、起床は早朝であり、境内の清掃から一日が始まります。自分の身の回りの環境を清浄に保つことも、仏道に生きる者の立派な修行の一つなのです。

またこれも広く知られていることですが食事は精進料理であり、粗食を基本としています。一日に2食しかとらない場合が多く、夕食はとらないのが普通です。

日常の一つひとつが修行であると考えられる僧侶の生活は一般の人からするとつらいと思われるかもしれません。

しかし古くから脈々と受け継がれてきた仏の教えを後世に伝えるという尊い使命感がこのような厳しい修行を乗り越える精神力につながっているのです。

繁忙期の忙しさは並ではない

どのような職業にも忙しい時期とそうでない時期があるものです。僧侶の繁忙期であるお盆とお彼岸は一日に何軒もの檀家の法事をまわるため、体力的にも大変厳しい時期であるといえるでしょう。

一回の読経は30分程度かかります。同じ姿勢をとり続けながら腹式呼吸での発声となるため、慣れるまでは苦労する僧侶が多いようです。

もちろん失敗は許されませんので、高い緊張感を持って臨むことが求められます。

寺院の規模によって収入格差が

全国的によく知られ、観光地としての需要も高い寺院と地方の小さな寺院とでは当然収入に開きが出てきます。

檀家の数によって葬儀や法事を依頼される数にも差があり、地域によっても収入格差があると考えていいでしょう。

寺院は宗教法人であるため、お布施や寄付金が非課税であるという優遇措置があります。このことから安易に多くの収入を見込んで僧侶を目指す者が少なからずいるのも事実です。

寺院の収入で非課税の部分があるのは事実ですが、各僧侶の収入は個人資産であるため、一般の会社員と同様に所得税等の納税の義務が発生します。

この点を正しく理解し、仏道の追求に金銭には代えられない喜びを感じることのできる人物にこそ僧侶という職業を目指してほしいものです。