僧侶(住職・坊さん)になるための学校・大学

僧侶は「修行ありき」

僧侶になるために必要な資格はありません。誰でも「得度」という儀式を経て仏門に入り、修行を開始すれば、僧侶を目指すことができます。

逆にいえば仏教系の学部を卒業するだけでは僧侶を名乗ることはできないということです。また、寺院の家に生まれたからといって僧侶になれるとも限りません。

どのような経歴であろうとも最終的には修行を経ることが必要不可欠です。

学問としての仏教

僧侶は古くから人々に「先生」と呼ばれ、仏の教えを伝道する者として尊敬されてきました。古来、日本人は何か困ったことがあれば地域の僧侶に相談に行き、教えを請いました。

現代においても僧侶は博学であることが求められます。したがって出家後も僧侶は生涯を通じて仏の教えを学び、理解を深める努力をしています。

僧侶になるためには、まず修行を経ることが必要最低条件ですが、何の知識もなく修行を開始するのと、仏教の基本的な事項を理解して開始するのとではスタートラインで大きく差が出ます。

そのため、僧侶を目指す人の多くはまず仏教系の学部が設置されている大学へ進学して学ぶ方法を選びます。

仏教を、学ぶことができる大学は意外と多くありますので自分の学力や居住地域をふまえて学校選びをするとよいでしょう。

その際、注意するべきなのは宗派です。仏教と一言で言ってもその宗派はさまざまであり、それぞれに戒律が異なります。自分の信仰する宗派を学べるかどうかも忘れずに調べましょう。

たとえば東京都渋谷区にある駒澤大学は曹洞宗が母体です。

僧侶養成機関としての寺院

寺院の中には、僧侶を志している人を直接募集し、見習いの研修僧として得度までの面倒を見ているところもあります。

養成機関としての寺院の多くが寮を完備しており、そこで生活しながら大体2〜3年の期間を見習いとして過ごした後に仏門に入るという流れになります。

養成機関としての寺院で修行を終え、僧侶として認められた者は、その寺院にそのまま残って僧侶として活動する者もいれば住職からの紹介で他の寺院で勤める者もいます。

独学で仏教を学ぶ

現在、信仰の有無に関わらず癒しを求めて仏教を学ぶことを希望する人が増えてきています。それに伴い、関連の書籍や通信講座なども充実してきました。

その気になれば、誰でもいつでも気軽に仏教を学ぶことができます。しかし、それだけでは僧侶になることはできません。修行を経て初めて僧侶として認められます。