漫画家の現状と将来性

新しい表現の場も登場している

「出版不況」といわれて久しい現代。実際、漫画が掲載される週刊誌の売上は減少傾向にあり、毎年のように休刊・廃刊となるものも出ています。

しかし、それだけで漫画家には将来性がないといえるわけではありません。

ひと昔前の漫画といえば、印刷された誌面上、つまり雑誌や単行本などでしか読むことができませんでしたが、ITの技術革新やインターネットの普及のなかで、出版業界は「電子化」の動きが強まっています。

読者は、専用の電子書籍・雑誌リーダーをはじめ、パソコンやスマートフォン、タブレット端末を用いインターネット経由で漫画を読むことが可能になり、自宅にいながらにして「漫画をその場で購入してすぐ読む」ということが可能になっています。

同時に、漫画家はWeb上で作品を発信し、収入を得ることができるようにもなりました。活躍のチャンスは広がりを見せているといえるでしょう。

そして、話題の漫画はメディアでスピーディーに取り上げられています。面白い作品を生み出すことができれば、あとは自分の工夫と努力次第で成功するチャンスは大いにあります。

厳しい世界で本当に挑戦したいのか

漫画家の卵を目指す人にとって、大きな目標のひとつは「週間連載」をすることだといわれます。

しかし、いざ連載が決まったとしても、長くそれを続けていくのは容易いことではありません。

読者からの人気が落ちれば連載打ち切りになってしまいますし、自分の原稿を求めてくれる場がなければ収入はゼロになってしまいます。

漫画家は、会社員のように組織に属して働くわけではなく、面白いものを生み出せなければお金にならないため、ある意味では非常に不安定な職業です。

そして、「売れる・売れない」は実力だけでなく、ときにセンスや運といった要素も絡んでくるため、こうすれば絶対に成功できるという決まったやり方もありません。

それでも「漫画を描きたい!」という情熱の火を絶やさずに、日々コツコツと成功するために頑張れるような人だけが生き残っていける、厳しい世界であるといえるでしょう。