編集者山本 舞衣さん

2008年早稲田大学商学部卒業。同年、株式会社東洋経済新報社入社。3年半データベースの仕事につき、書籍編集出版局に異動。現在、教科書、専門書の編集を主に行っている。好きな言葉は「比較優位」。

座右の銘:明日死ぬつもりで生きなさい。永遠に生きるつもりで学びなさい。

HP:東洋経済オンライン

編集者の仕事の内容について教えて下さい。

経済学の専門書、教科書の編集を主にしています。書籍編集の仕事は企画を立てるところから始まります。どのような本をつくっていくか、社内での企画会議や著者の方との打ち合わせを重ねて、それをもとに執筆をお願いします。

原稿が上がってきてからは原稿整理・校正作業です。頻出語句の表記を統一したり、参考文献のあらわし方を整えたり、誤字脱字に赤字を入れたり、読んで気になった部分や更に深掘りしてもらいたいところにコメントをつけたりして著者の方にお送りします。

加筆・修正をしていただいたら、それに対して私もまたコメントして……という作業の繰り返しです。その繰り返しの中で、だんだんと良い原稿になっていきます。

原稿の編集以外の仕事もありますか?

本になったときの文字の大きさやページの体裁、カバー・帯をどのようなものにするか、そういったことを考えるのも編集者の仕事です。デザイナーさんのところに伺って、本の内容を説明し、自分がどのような本にしたいと思っているか、イメージをしっかりお伝えしてデザインをお願いします。本のつくりからも、魅力が伝わるようにするためです。

宣伝・販売のしかたに関しても、どんな人に向けられた本なのか、関心を持ってもらうにはどうすれば良いのか、編集者自身しっかりと考えをもっておくことが大切です。

宣伝・販売に携わる営業職の方は多くの書店さんの情報を持ち、あらゆる本のトレンドに通じています。そんな営業のプロの見方と、その本に一番長く関わってきた担当編集者の考えを合わせた上で、どのように販売していくのか、と認識を共有します。編集者が書店営業にくっついていくこともありますよ。

一日の流れはどのように進みますか?

最近は9時ぐらいに出社しています。10時半までに出社すればよいことになっていますが、朝は電話があまり鳴らず静かなので、早めに出社して原稿を読んだり、集中しなければできない作業をしています。

その後は会議に出席したり、社外で著者の方やデザイナーさんと打ち合わせをしたりしています。丸一日会社に引きこもって黙々と原稿を読んでいる日もありますね。お昼ごはんは外に食べに行きます。食後は読みたい本を読んだり、近所の本屋さんをブラブラしたり、と気分転換の時間です。

帰りは早ければ19時くらい、遅い日は22時を過ぎますが、忙しいときでも徹夜したことはないですね。仮眠室はありますが、今のところ利用したことはありません。

出版社を目指そうと思ったきっかけはありますか?

小学生のころから本が好きで、将来は出版社で働きたいと思っていました。生来飽きっぽい性格で、いろいろなことにすぐ見切りをつけてしまうのですが、本にだけは、今に至るまで飽きたことがありません。

出版社は狭き門と言われていますが、努力したことなどはありますか?

特別何かをしたということはなく、日々本を読んでいました。大学生の頃に少し株式投資をしていたことがあって、面接ではそんな話もしました。それが評価されたかどうかはわかりませんが、この会社との相性のよさは何となく感じていました。

その年の新卒採用人数は6人と多めだったのですが、出版社の採用人数は少ない場合も多いので、最後には運や相性のような要素は大きいと思います。ただ、私の場合、編集職ではなくデータベース職での採用でした。

仕事体験談