このサイトは販売員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「販売員」

仕事内容
販売員は、アパレルショップ、百貨店、雑貨店、ドラッグストアといったさまざまな店舗でお客さまを迎え、商品を販売する仕事です。「お声がけ」などを通じてお客さまの求めているものを理解したうえで、商品説明やアドバイス、提案などを行い、お客さまが快適に買い物を楽しめるように努め、店の売上アップに貢献します。接客以外に、商品のディスプレイや検品、整理整頓、店内の清掃などの仕事も大事な仕事の一部です。
なるには
販売員になるために、必ず求められる資格や免許はありません。企業によっては「大卒以上」の学歴が求められますが、高卒や短大、専門学校卒の人が働ける店もたくさんあります。また、新卒採用以外に、中途採用で販売員としての仕事に就く人も多く、未経験者が歓迎されやすい仕事です。熱意があれば、どんな人でも販売員になれるチャンスは十分にあるといえるでしょう。なかにはアルバイトからスタートし、そのまま契約社員や正社員へとステップアップする人もいます。
給料
販売員の給料は雇用形態によって異なりますが、正社員であれば新人は月給18万円~23万円程度が相場となっているようです。契約社員、派遣社員、パート・アルバイトの給料は正社員よりも低めとなるのが一般的ですが、能力や経験によっては正社員並みの収入を得ることも可能になってきます。たいていは副店長、店長などの役職がつくことで基本給がアップし、さらに店によっては個人やチームの売上目標を達成することでインセンティブも支給されます。
将来性
ネットショッピングの普及により、実店舗を訪れなくても買い物ができるようになっている現代において、販売員にはこれまで以上の接客力が求められています。「この人から買ってよかった」と思われる販売員になることが、評価につながっていきます。「販売員は若い人の仕事」と言われていた時代とは変わり、最近では販売員として一定の経験を積んだのち、バイヤーなど別職種へのキャリアチェンジ、あるいはひたすら販売の道を究めていくなど、個々の希望に応じてさまざまなキャリアパスが用意されています。