「販売員」とは

販売員_画像_2

百貨店や小売店などの店舗で接客や会計、商品管理、店舗レイアウトなどの業務を担当する。

販売員は、アパレルショップ、百貨店、雑貨店、ドラッグストアといったさまざまな店舗でお客さまを迎え、商品を販売する仕事です。商品の説明やアドバイス、提案などを通し、お客さまが快適に買い物を楽しんでいただくように努め、店の売上アップに貢献します。

人と接することが好きであれば特別なスキルは求められないことが多く、未経験者も歓迎されやすい仕事です。

いちスタッフとしての販売員の給料はさほど高くないといわれていますが、役職者になると昇給し、さらに店によっては売上目標を達成することでインセンティブも支給されます。

最近では販売員として一定の経験を積んだのち、バイヤーなど別職種へのキャリアチェンジ、あるいはひたすら販売の道を究めていくなど、個々の希望に応じてさまざまなキャリアパスが用意されています。

「販売員」の仕事紹介

販売員の仕事内容

店舗でお客さまを迎え、レジ業務や商品管理にも携わる

販売員とは、アパレルショップ、百貨店、雑貨店、ドラッグストアといったさまざまな店舗でお客さまを迎え、商品を販売する仕事です。

来店されたお客さまに笑顔で接し、商品の説明やアドバイスなどを行いながら、お客さまが快適に買い物を楽しんでいただくように努め、店の売上アップに貢献します。

接客以外に、レジでの会計や商品の検品・値札付け・陳列、店内の清掃などの業務も担当します。

接客のプロフェッショナルとして、お客さまが何を求めているのかを考えたうえで、よきアドバイザー役になる意識が求められます。

販売員の就職先・活躍の場

物を売るあらゆる場所で働くことができる

販売員は、たとえば食品を扱うスーパーマーケット、衣料品を扱うアパレルショップ、家電を扱う家電量販店、宝飾品を扱うジュエリーショップなど、物を売るありとあらゆる場所で活躍できます。

全国のあちこちに巨大なスーパーやデパート、ショッピングセンターなどが軒を連ねている一方、個人経営でこだわりを見せる小規模な店などもあり、販売員の活躍の場は広がり続けています。

働く場所によっては取り扱う商品についての専門的な知識が求められることもありますが、意欲的であれば未経験からでもスタートしやすい仕事だといえます。

販売員の1日

1日の流れは職場によって大きく異なる

販売員の1日は、勤務先の種類や規模、担当業務などによって変わってきます。

店頭では必要に応じて商品の品出しや整頓を行いながらも、お客さまから問い合わせを受けた際などには素早く対応します。

お店によっては、来店頻度の高いお得意様などがおり、特定の販売員が専属で接客することもあります。

ここでは、大型の家電量販店で働く販売員のある1日を見てみましょう。

09:30 出勤
この日は早番勤務です。開店の30分前には出勤し、制服に着替えます。

09:45 朝礼
売り場のスタッフ全員で集まって、挨拶などの声出しをします。

10:00 開店
週末には開店直後からお客さまがたくさんいらっしゃることも。元気よく挨拶をして迎えます。

10:30 品出し・接客
納品された商品を店頭に並べて売り場を整えながら、接客も行います。

13:30 休憩
その日のシフトの状況で休憩時間は前後します。

14:30 レジ業務
店舗の状況に応じて、接客やレジを担当。

17:30 アルバイト教育
新人のアルバイトに仕事の流れを説明します。

19:00 退勤
遅番スタッフに引継ぎを行って勤務終了です。

販売員になるには

特別な資格やスキルは求められないことも多い

販売員になるために、必ず求められる資格や免許はありません。

アパレルショップや家電量販店など、店舗を持つさまざまな業種の企業が販売員を募集していますが、採用の時点で特別なスキルが求められることもめったにありません。

多くの場合、入社後に社内研修を受けたり、現場で先輩から仕事を教わったりしながら、一人前の販売員を目指していくことになります。

求められる学歴については会社によってまちまちですが、学歴不問で働ける職場も決して少なくはないようです。

また、アルバイトから販売員の仕事を経験し、社員にステップアップするケースもあります。

どのような人であっても、熱意があれば販売員になることは十分に可能だといえます。

販売員の学校・学費

学歴が問われることは少ない

販売員になるために、必ず通わなければならない学校はありません。

また、学歴が求められること自体があまり多くなく、高校卒業程度の学歴があれば正社員の販売員として就職できる会社も多数あります。

大手のアパレル企業や百貨店になると、新卒では大卒の学歴が求められることもありますが、販売職に限っては高卒や短大、あるいは専門学校を出ている人が働けるケースも目立ちます。

将来的に会社の幹部を目指していきたい、あるいは販売員からバイヤーなど別職種へのステップアップも目指していきたいということであれば、大学に進んでおくほうが就職先の選択肢は広がるでしょう。

販売員の資格・試験の難易度

なるための特別な資格は必要ない

販売員になるために絶対に必要な資格はありません。

ただし、販売力を証明する資格として「リテールマーケティング(販売士)検定試験」というものがあります。

これはいわゆる「販売士」といわれる資格で、販売に関わる唯一の公的資格となっています。

企業によっては、販売士の資格を取得することが昇進の条件になったり、昇給につながったりすることもあるようです。

また、販売員として働く店舗で扱う商品によって役立つ認定資格には、「カラーコーディネーター」や「インテリアコーディネーター」など、さまざまなものがあります。

販売員の給料・年収

給料は雇用形態によっても異なる

販売員は、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトといったさまざまな形で働く人がおり、雇用形態によって給与には大きな違いが出てきます。

もちろん、勤務先となる企業の規模や地域、役職などによっても差は出ますが、

正社員であれば、18万円~23万円程度からスタートするのが一般的とされています。

職場によっては「歩合給」の制度を取り入れており、売上を伸ばせば伸ばすほどインセンティブがつくこともあります。

いちスタッフとしての販売員から、副店長や店長になると基本給はアップし、役職手当が支給されることもあります。

販売員のやりがい、楽しさ

お客様に納得してご購入いただくこと

販売員の一番のやりがいは、何よりも自分の提案した商品が売れることです。

ただ並べておくだけで売れる誰しもが興味を引くような魅力的な商品ではなく、自分が良いと思う商品について説明や提案をし、見事に売れたときには感動することもあるでしょう。

また、販売員として長く仕事を続けていると、何度も来店してくださる顔なじみのお客さまも増えてきます。

なかには「あなたから買いたい」と、遠方から来店してくださるお客さまもいます。

お客さまと信頼関係を築けた実感が味わえたときも、大きな喜びに包まれるでしょう。

販売員のつらいこと、大変なこと

心身ともにハードさを感じることも

たいていの販売員の仕事では、勤務時間のほとんどが立ちっぱなしとなります。

同じような姿勢で何時間も立ち続けるのは思っている以上に大変ですし、勤務先が広い店舗であれば、店内を走り回るようなこともあります。

また、ときにお客さまからクレームを受けてしまうことも決して珍しくはありません。

どれだけ頑張って働いているつもりでも、ふとしたことからお客さまを怒らせてしまったり、他のスタッフのミスであっても店舗の一員として自分にお叱りの声が飛んでくることもあります。

いつも笑顔でいる必要がある販売員ですが、心身ともにきついと感じる日もあるでしょう。

販売員に向いている人・適性

人と接することに喜びを感じる人

販売員は個性が発揮できる仕事であり、実際に販売の現場を見ても、さまざまなタイプの人が活躍しています。

そのため、どのような人でも販売員になれる可能性はありますが、人と接することが好きで、とくに初めての人とでも会話を楽しめるようなタイプの人は、この仕事に向いているといえるでしょう。

なお、販売員は決して話上手である必要はありません。

むしろ、お客さまのニーズや困りごとをしっかりと引き出せるような、聞き上手なタイプの人に適している面も多々あります。

販売員志望動機・目指すきっかけ

扱う商品や店舗の雰囲気が好き

さまざまな店舗で働く販売員は、私たちの生活にも身近な存在であるだけに、志望動機は比較的考えやすいといえるかもしれません。

「商品が好き」「店舗の雰囲気が落ち着く」「その会社の一員になってみたかった」など、さまざまな思いをもって販売員になっている人がいます。

「人と接する仕事がしたい」という理由で、販売職に興味を持つ人も多いです。

なお、いざ志望動機を考える前には、志望先の店舗を一度でも利用してみることをおすすめします。

顧客側の立場で店を利用すれば、そこの魅力や特徴が実感でき、志望動機を考えやすくなるはずです。

販売員の雇用形態・働き方

多様な働き方が可能で、ステップアップも望める

販売員の雇用形態は正社員はもちろん、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなど、さまざまなものがあります。

企業や店舗によっては特定の雇用形態のみでの採用を行う場合もありますが、販売員は、一人ひとりの希望に応じた働き方を選びやすい職業だといえるでしょう。

「いろいろな商品に触れてみたい」といった理由から、あえて派遣社員という形を選び、さまざまな業種の販売職を経験する人もいます。

職場によっては、全員がアルバイトや契約社員からスタートし、勤務態度や成果などに応じて正社員へステップアップするしくみとなっていることもあります。

販売員の勤務時間・休日・生活

勤務時間や休日は店舗によってさまざま

販売員の勤務時間は、基本的に勤務先となる店舗の営業時間によって変わってきます。

品出しなどで早朝から出勤する場合もありますし、午後から勤務となるような職場もあるかもしれません。

また、1日に長時間にわたって営業する店であれば、複数の販売員によって「早番」「遅番」といった交代勤務を行うことが一般的です。

休日は基本的に平日休みになることが多く、土日祝などのお客さまの入りが多い日には出勤するケースが多いようです。

棚卸やセール準備、商品入れ替えなど店舗内での大がかりな作業が必要なときは、閉店後の時間に残業をして対応することもあります。

販売員の求人・就職状況・需要

人手不足となっている職場も多い

販売員の就職先は、アパレルショップ、百貨店、スーパーマーケット、家電量販店、ホームセンター、ドラッグストアなど多岐にわたります。

学歴不問で募集する企業も多く、入社時点で特殊なスキルや知識が求められることはめったにないため、意欲や熱意さえあれば販売員として働き始めることは可能です。

また、都市部のほうが就職先の選択肢は多いものの、地方でも販売員が働ける場は見つかります。

正社員としての就職が難しい場合には、まずアルバイト勤務を続け、そのまま社内試験を受けて正社員へとステップアップしていく道をたどる人もいます。

販売員の転職状況・未経験採用

未経験でもスタートしやすい仕事

販売員の求人は、必ずしも経験者を求めるものばかりではなく、むしろ意欲的で一から仕事に取り組もうとする未経験者を歓迎する企業も少なくありません。

販売員として必要な商品知識などは、入社後の研修や実務経験を通じて徐々に身につけていける職場が大半です。

ただし、経験不問の傾向が強いといっても、やはり接客経験のある人はプラスに評価されやすいですし、接客の仕事を通じて培ったスキルは販売員としても生かすことができます。

また、お客さまと直に接し、モノやサービスの提案をする営業職の経験者も、前職でのスキルを生かすことができるでしょう。

未経験者の場合には、年齢は若い人のほうが有利に採用されやすいようです。

販売員の現状と将来性・今後の見通し

さまざまなキャリアの可能性がある

ネットショッピングの普及により、実店舗を訪れなくても買い物ができるようになっている現代において、販売員にはこれまで以上の接客力が求められています。

「この人から買ってよかった」と思われる販売員になることが、評価につながっていきます。

販売員は若いうちしかできない仕事と思う人もいるようですが、最近では販売員として一定の経験を積んだのち、マネジメントの道へ進んだり、バイヤーなど別職種へキャリアチェンジできるしくみを用意している企業も増えています。

あるいは、ひたすら販売の道を究め、トップ販売員としてその企業になくてはならない存在を目指すこともできます。

自分の将来の目標を踏まえ、どのような場で働くのがベストか考えていくとよいでしょう。