1分でわかる「携帯ショップ店員」

仕事内容
携帯電話に関する、あらゆる相談に応じます。

新規契約や機種変更、料金の見直しなどそれぞれに最適なプランを分かりやすく提案し、客からの信頼を得ることを目指します。

中には携帯電話そのものの操作に関する相談もあるため、相応の知識を持って店頭に立つことになります。

またタブレットやWIFIルーター、インターネット回線といった携帯電話以外の機器やシステムも扱っているため、多方面にわたる知識が必要です。

各種キャンペーンを盛り上げる販促活動や広報活動、店舗のレイアウトや装飾等も店員が担っています。
なるには
給与に差が出ることは避けられないものの大学や専門学校を卒業していなくても十分活躍できる職種です。

ただし、営業色の強い職業であるため、客からの信頼を獲得するためにも上級学校への進学は大きなプラスになります。

未経験者にも寛容で3ヶ月前後、研修生としてベテランの細やかな指導を受けられます。

業務のほとんどがPCやタブレットによって行われる上、故障やデータ移行など、携帯電話本体を操作する機会も多いので機械系の学校を卒業している人は有利です。

異業種であっても接客経験のある人は即戦力を目指せます。

学生の段階でも接客のアルバイトを経験しておくことをおすすめします。
給料
大卒で正社員の場合、基本給20万円弱スタートである場合が多く、他業種に比べるとやや低めの印象があります。

高卒や短大・専門学校卒だとさらに低めの設定です。

ただしその分、上乗せされる手当が豊富。

手取りだと満足感の高い金額を得ていると考える人も少なくありません。

各キャリア共、独自に資格試験を設けており、ランクに応じた手当が付与される仕組みになっています。

賞与の支給は年2回。

結果、正社員の場合で300~500万円、派遣でも300万円近い年収を得ることが可能になります。

また、パートやアルバイトの場合、時給は1200円前後からのスタートと非常に高く設定されています。
将来性
「格安ケータイ」の参入により、競争が激化しています。

ショップ店員としても働く場所の選択肢が増えてきており、同業種内での転職もしやすくなってきているといえるでしょう。

その分、店員に課せられるノルマもより厳しくなってきており、収入を伸ばすチャンスがある一方で本意ではない営業活動を行うことで心身に支障をきたしてしまうケースが後を絶たないという現状があります。

携帯電話の普及率を考えると、携帯ショップ及びその店員の需要がなくなる心配はないと考えていいでしょう。ただし携帯ショップ店員は若年者が主力である場合が多く、年齢を重ねると他の事業部に異動になるのが一般的です。